ハイト眞露

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JINROから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 ハイト眞露
HITEJINRO CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 KSE 000080
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
ソウル特別市江南区永東大路714(清潭洞)
設立 1924年6月15日
業種 酒類製造業
代表者 キム・インギュ(代表取締役社長)
資本金 3688億4223万ウォン(2015年12月)
売上高 1兆9074億8075万9547ウォン(2015年)
従業員数 3,318人(2015年12月)
主要株主 ハイト眞露ホールディングス株式会社と特殊関係人:58.12%
主要子会社 ハイト眞露産業
外部リンク ハイト眞露 ホームページ
テンプレートを表示
ハイト眞露
ハイト眞露飲料
眞露醸造
Soju jinro gfdl.jpg
各種表記
ハングル 하이트진로
漢字 하이트眞露
発音 ハイトゥチ
日本語読み: ハイトじんろ
2000年式
MR式
英語表記:
Haiteu jinro
Hait'ŭ chinro
Hite Jinro

ハイト眞露(ハイトジンロ、ジンロ)とは、焼酎ソジュ)を中心とした酒類の製造・販売を幅広く手がける韓国の酒造会社、またはその主力商品である焼酎の銘柄の一つである。本社はソウル市瑞草区。なお「眞露」は日本語では“Jinro(ジンロ)”と呼ばれている。

概要[編集]

韓国国内においては有名なブランドで、多くの人に飲まれている。

1924年平安南道龍岡郡で張学燁が創業した真泉醸造商会が前身で、朝鮮戦争で南へ逃れ、1953年にソウルに移転して「眞露」を発売した。

一時は酒造業以外にも進出し、眞露グループを形成するまでに至ったが、1997年のアジア金融危機の影響で不渡りをだしグループは解体。2006年にハイトビールに買収され現在の社名に変更。

日本においては在日コリアンが経営する焼肉店、韓国人経営の韓国料理店などで古くから飲まれていたが、2000年以降の焼酎ブームと韓流ブームが相まり輸入量が増えコンビニでも販売されるほどになった。日本法人の眞露株式会社JINRO INC.)(2012年5月まで眞露ジャパン)は1988年に設立、本社は東京都港区に存在する。

韓国では、1998年に発売された眞露のニューバージョンである「チャミスル」(참이슬)も人気である。チャミスルは「真」の朝鮮語固有語である「チャム」(:まこと、本当)と、「露」の韓国語固有語である「イスル」(이슬:つゆ)から命名された。韓国語の漢字は本来音読のみだが、日本語で言うところの訓読や当て字のような用法でつけられた名前であり、日本語で例えれば「真露」と書いて「まことのつゆ」と読むような感覚である。竹炭で3回ろ過しており、従来あった雑味や異臭などが除去されているのが売りであり、二日酔いしにくいという評判もある。またアルコール度数も21度で、従来の眞露(25度)より低くなっている。

キャッチコピー[編集]

  • ジンロ、それは楽し〜〜い、お酒
  • ジンロって、気持ちいい〜〜お酒

焼酎以外の製品[編集]

焼酎以外にはウイスキーの生産も行っている。「Vip 100% Scotch Whisky」(スコッチ原酒100%)は、1986年IWSCのブレンデッド・スコッチ・ウイスキー部門で、スコットランド以外で瓶詰めされたウイスキーとして唯一受賞した。(参照

また、ロッテ酒類とともにワインの生産も行っている。

ミネラルウォーターの「石水」も眞露が製造・販売している。

1994年、眞露クアーズ(じんろクアーズ)を設立。「CASS」ブランドでビール事業に新規参入し、1999年にOBビールに売却するまで、韓国3社目のビールメーカーであった。 2016年現在、CASSブランドのビールはOBが引き続き製造・販売している。

日本でのCMキャラクター[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]