HD 74156

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HD 74156
星座 うみへび座
視等級 (V) 7.61[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 08h 42m 25.1221445320s[2]
赤緯 (Dec, δ) +04° 34′ 41.146391815″[2]
視線速度 (Rv) 4.07 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: 24.474 ± 0.084 ミリ秒/[2]
赤緯: -200.293 ± 0.063 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 17.3315 ± 0.0481ミリ秒[2]
(誤差0.3%)
距離 188.2 ± 0.5 光年[注 1]
(57.7 ± 0.2 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 3.6[注 2]
物理的性質
半径 1.49 ± 0.15 R[3]
質量 1.20 ± 0.10 M[3]
表面重力 19 G[3][注 3]
自転速度 4.3 km/s[4]
スペクトル分類 G0 V[1]
光度 2.72 ± 0.51 L[3]
表面温度 6,071 ± 36 K[3]
色指数 (B-V) 0.585[1]
色指数 (V-I) 0.66[1]
金属量[Fe/H] 0.04[3]
年齢 5.0 +1.0
−1.5
×109[3]
別名称
別名称
BD+05 2035, HIP 42723, SAO 117040
Template (ノート 解説) ■Project

HD 74156は、うみへび座の方角、太陽系から約188光年の距離にあるG型主系列星である[2]。2つの惑星を持つことが知られている。

恒星[編集]

大きさの比較
太陽 HD 74156
太陽 Exoplanet

HD 74156は、太陽よりも質量が2割程度、半径も5割程度大きい。表面温度も太陽より高く、光度太陽の3倍近くある。年齢は太陽と同程度で、金属量は太陽より若干多いとみられる[3]

惑星系[編集]

2001年4月、ジュネーブ天文台を中心としたグループが、ラ・シヤ天文台の1.2m望遠鏡による視線速度法の観測から、HD 74156の周りには2つの巨大惑星が公転している、と発表した[5]。これに、オート=プロヴァンス天文台での観測結果が加わり、2003年には2つの太陽系外惑星HD 74156 bHD 74156 cの存在が確定した[6]

惑星bは、太陽系の水星よりも母星に近い位置を、とても細長い楕円軌道で公転している。惑星cは、質量が木星の8倍以上とみられる巨大惑星で、6.8年くらいの周期で、軌道長半径3.9AU程度の楕円軌道を公転している[4]

HD 74156の惑星[4]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b > 1.80 ± 0.06 MJ 0.292 ± 0.004 51.645 ± 0.003 0.627 ± 0.009
c > 8.06 ± 0.37 MJ 3.850 ± 0.054 2,473 ± 13 0.432 ± 0.013

第3の惑星の可能性[編集]

安定と不安定との境界近くに存在する惑星系は、とり得る軌道に惑星が詰め込まれているはずだ、とする"packed planetary systems"仮説に基づくと、惑星bと惑星cの間にもう一つ惑星が存在する可能性が示唆される[7]。そして、シミュレーションの結果、土星質量程度の惑星が半径0.9から1.4AUの領域に位置する場合、1億年以上安定して存在できる軌道が存在することが示された[8]

2007年9月には、質量が木星の4割程度という3番目の惑星HD 74156 dが、惑星bと惑星cの間となる楕円軌道を公転している、と発表された[9]。この惑星dの軌道は、"packed planetary systems"仮説が予想する領域と矛盾せず、同仮説を裏付ける発見であるとも期待された[10]

しかし、惑星dの発見には疑問が呈され、観測された視線速度の変化は経年の誤差ではないかと指摘された[11]ホビー・エバリー望遠鏡によって更に視線速度を調査した結果、第3の惑星が存在する証拠は検出できなかった[4]。更に、ケック望遠鏡による観測もこれを裏付け、惑星dは見付かっていないことになっている[12]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ 出典での表記は、

出典[編集]

  1. ^ a b c d ESA (1997), The HIPPARCOS and TYCHO catalogues. Astrometric and photometric star catalogues derived from the ESA HIPPARCOS Space Astrometry Mission, ESA SP Series, 1200, Noordwijk, Netherland: ESA Publications Division, Bibcode 1997ESASP1200.....E, ISBN 9290923997 
  2. ^ a b c d e f g HD 74156 -- High proper-motion Star”. SIMBAD. CDS. 2018年8月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Ghezzi, L.; et al. (2010-09), “Stellar Parameters and Metallicities of Stars Hosting Jovian and Neptunian Mass Planets: A Possible Dependence of Planetary Mass on Metallicity”, Astrophysical Journal 720 (2): 1290-1302, Bibcode 2010ApJ...720.1290G, doi:10.1088/0004-637X/720/2/1290 
  4. ^ a b c d Wittenmyer, Robert A.; et al. (2009-05), “A Search for Multi-Planet Systems Using the Hobby-Eberly Telescope”, Astrophysical Journal Supplement 182 (1): 97-119, Bibcode 2009ApJS..182...97W, doi:10.1088/0067-0049/182/1/97 
  5. ^ Exoplanets: The Hunt Continues!”. ESO (2001年4月4日). 2018年3月16日閲覧。
  6. ^ Naef, D.: et al. (2004-01), “The ELODIE survey for northern extra-solar planets III. Three planetary candidates detected with ELODIE”, Astronomy & Astrophysics 414 (1): 351-359, arXiv:astro-ph/0310261, Bibcode 2004A&A...414..351N, doi:10.1051/0004-6361:20034091 
  7. ^ Barnes, Rory; Raymond, Sean N. (2004-12), “Predicting Planets in Known Extrasolar Planetary Systems. I. Test Particle Simulations”, Astrophysical Journal 617 (1): 569-574, Bibcode 2004ApJ...617..569B, doi:10.1086/423419 
  8. ^ Raymond, Sean N.; Barnes, Rory (2005-01), “Predicting Planets in Known Extrasolar Planetary Systems. II. Testing for Saturn Mass Planets”, Astrophysical Journal 619 (1): 549-557, Bibcode 2005ApJ...619..549R, doi:10.1086/426311 
  9. ^ Bean, Jacob, L.; et al. (2008-01), “Detection of a Third Planet in the HD 74156 System Using the Hobby-Eberly Telescope”, Astrophysical Journal 672 (2): 1202-1208, arXiv:0709.1656, Bibcode 2008ApJ...672.1202B, doi:10.1086/523701 
  10. ^ Barnes, Rory; Goździewski, Krzysztof; Raymond, Sean N. (2008-06), “The Successful Prediction of the Extrasolar Planet HD 74156 d”, Astrophysical Journal Letters 680 (1): L57-L60, arXiv:0804.4496, Bibcode 2008ApJ...680L..57B, doi:10.1086/589712 
  11. ^ Baluev, Roman V. (2009-03), “Accounting for velocity jitters in planet search surveys”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 393 (3): 969-978, arXiv:0712.3862, Bibcode 2009MNRAS.393..969B, doi:10.1111/j.1365-2966.2008.14217.x 
  12. ^ Meschiari, Stefano; et al. (2011-02), “The Lick-Carnegie Survey: Four New Exoplanet Candidates”, Astrophysical Journal 727 (2), arXiv:1011.4068, Bibcode 2011ApJ...727..117M, doi:10.1088/0004-637X/727/2/117 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 08h 42m 25.1221445320s, +04° 34′ 41.146391815″