ラ・シヤ天文台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラ・シヤ天文台(ラシャてんもんだい、La Silla Observatory)は、チリにある天文台。18基の望遠鏡を擁する。9基はヨーロッパ南天天文台 (ESO) が建造、その他も部分的にESOが関わっている。

概説[編集]

ヨーロッパ南天天文台では一番古いサイトに当たる天体観測施設。ラスカンパナス天文台及びセロ・トロロ汎米天文台と並び、南米では最大級に当たる国際共同天体観測施設。古くから天文台構想があり、交通の便も良いため、新しい観測施設のテストサイトとしても用いられている。サイト全体の広さは、ALMA望遠鏡とほぼ同じ規模に相当する。

現在は、管理棟や技術開発棟を初めとして、天体観測者の宿泊施設なども完備しており、食事もヨーロッパ本国と同じ食事を摂ることが可能である(但しセルフサービス)。標高は後に建設されたサイトよりも低いため、チリの主な国際空港より直接自動車などで訪問が可能である。

場所[編集]

ラ・シヤ天文台は標高2,400mの高山に位置する。アタカマ砂漠の北部にあり、ラ・セレナの町の160km北に位置する。ラスカンパナス天文台27km北にあり、セロ・トロロ汎米天文台が100km南にある。良好なシーイングが得られる土地であり、1950年代から天文台設置構想があった。

成果[編集]

観測所の風景[編集]

望遠鏡[編集]

設置されている望遠鏡を以下に示す

名前 詳細
NTT 新技術望遠鏡。口径 3.58 m。ESOが建設。能動光学によって鏡面を補正する。VLTの開発に役立った。
3.6 m ESOが建設。
2.2 m MPG(マックス・プランク研究所)が建設、ESOが運営。
ESO 1.5 m ESOが建設。※
ESO 1 m ESOが建設。※
ESO 0.5 m ESOが建設。※
DENIS 1 m
Le Marly 1 m ※(参照 EROS
Le Suisse 1.2 m
Danois 1.5 m デンマークが建設。
Danois 50 cm デンマークが建設。※
Hollandais 90 cm
SEST 15 m スウェーデン-ESO サブミリ波望遠鏡APEXALMAの為、運用終了。
Marseille 40 cm
Bochum 61 cm
CAT 1.4 m
IRIS
Schmidt 1 m
GPO Marly 1 mに交換。※
REM イタリアのロボット式望遠鏡。ガンマ線の観測に使用。

※印の望遠鏡は国際共同利用観測には使用されていないが、大学や研究所などの占有観測には貸し出している。これらの望遠鏡群の一部は、ヨーロッパ本国の天体観測施設から移管されてきたものである。

外部リンク[編集]