ラ・セレナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラ・セレーナ
La Serena
チリの旗
Montaje de La Serena.jpg
ラ・セレーナの市旗 ラ・セレーナの市章
市旗 市章
位置
コキンボ州内の位置の位置図
コキンボ州内の位置
位置
ラ・セレナの位置(コキンボ州内)
ラ・セレナ
ラ・セレナ (コキンボ州)
ラ・セレナの位置(チリ内)
ラ・セレナ
ラ・セレナ (チリ)
座標 : 南緯29度54分40.71秒 西経71度15分7.03秒 / 南緯29.9113083度 西経71.2519528度 / -29.9113083; -71.2519528
歴史
設立 1544年9月4日
行政
 チリ
  コキンボ州の旗 コキンボ州
 市 ラ・セレーナ
人口
人口 (2002年現在)
  市域 177,608人
    人口密度   98.24人/km2
その他
等時帯 CLT (UTC-4)
夏時間 CLST (UTC-3)
公式ウェブサイト : http://www.laserena.cl

ラ・セレーナ(La Serena)は、チリ中部コキンボ州の都市で、同州の州都。首都サンティアゴ・デ・チレの北方約470kmに位置する。観光地として発達しており、チリ国内のみならずアルゼンチンからも観光客が訪れる。チリで二番目に古い町として知られる。チリで最も経済発展のさかんな地域の一つであり、1992年から2002年の間に32.6%の人口増加がみられた。人口は2002年現在16万148人。

歴史[編集]

ペドロ・デ・バルディビア(Pedro de Valdivia)の命により現在のチリの首都サンティアゴと現在のペルーの首都リマを結ぶ中継港として1544年9月4日にスペイン人のフアン・ボーン総督(Captain Juan Bohón)によって建設された。1549年に地元のインディアンに都市は破壊されたが、同じ都市にフランシスコ・デ・アギレ総督(Captain Francisco de Aguirre)がより安全な現在の場所に再建した。

天文学[編集]

ラ・セレナは多数の天文学のオフィスがあることでも知られる。

姉妹都市[編集]

気候[編集]

ラ・セレーナの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F 22.0
(71.6)
22.0
(71.6)
20.0
(68)
18.0
(64.4)
17.0
(62.6)
16.0
(60.8)
15.0
(59)
16.0
(60.8)
16.0
(60.8)
18.0
(64.4)
19.0
(66.2)
20.0
(68)
18.3
(64.85)
平均最低気温 °C°F 14.0
(57.2)
14.0
(57.2)
13.0
(55.4)
11.0
(51.8)
10.0
(50)
8.0
(46.4)
8.0
(46.4)
9.0
(48.2)
9.0
(48.2)
10.0
(50)
11.0
(51.8)
13.0
(55.4)
10.8
(51.5)
降水量 mm (inch) 1
(0.04)
1
(0.04)
1
(0.04)
2
(0.08)
6
(0.24)
20
(0.79)
31
(1.22)
16
(0.63)
14
(0.55)
2
(0.08)
1
(0.04)
1
(0.04)
96
(3.79)
出典:World Climate Guide[1]

脚註[編集]

  1. ^ La Serena Climate Guide, Chile”. World Climate Guide (2011年). 2011年7月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]