Enhanced Data Rates for GSM Evolution

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
EDGEから転送)
移動先: 案内検索

Enhanced Data Rates for GSM Evolution第三世代携帯電話に近いデータ転送速度が出せるGSMのパケットデータ通信である。

Modulation and Coding Scheme (MCS)
MCS 通信速度
(kbps)
デジタル変調 8x
(Kbps)
EDGE Evolution
(Kbps)
MCS-1 8.8 GMSK 70.4 140.8
MCS-2 11.2 GMSK 89.6 179.2
MCS-3 14.8 GMSK 118.4 236.8
MCS-4 17.6 GMSK 140.8 281.6
MCS-5 22.4 8-PSK 179.2 358.4
MCS-6 29.6 8-PSK 236.8 473.6
MCS-7 44.8 8-PSK 358.4 716.8
MCS-8 54.4 8-PSK 435.2 870.4
MCS-9 59.2 8-PSK 473.6 947.2
MCS-10 67.2 16-QAM n/a 1075.2
MCS-11 81.6 16-QAM n/a 1305.6

EDGE (Enhanced Data Rates for GSM Evolution)もしくはEGPRS(Enhanced GPRS)、IMT-SC (IMT Single Carrier) はGPRSを拡張したパケット通信規格。デジタル変調方式に八位相偏移変調(8PSK)を使用している。最大スループット473.6kbps。3倍程度高速化されたひとつ59.2kbpsのパケットスロットを8スロットまで束ねる事ができる。

Normal 8PSK Burst Bits
T1 E F TS F E T2 G
3×3 57×3+2 1 26×3 1 57×3+2 3×3 8.25×3
9 173 1 78 1 173 9 24.75

Dual Carrier EDGE[編集]

3GPPのrelease 7で追加された2搬送波を使う仕様を従来のEDGEとの組み合わせのみで使う。従来通り8PSKのみなのでノキア・シーメンスの基地局の無線機のハードウェアは同じままソフトウェアのバージョンアップのみで592kbpsに対応できる[1]

EDGE Evolution[編集]

EDGE EvolutionはEDGEをさらに高速化したもの。3GPPのrelease 7で追加された。デジタル変調に8PSKの代わりに16QAMまたは32QAMを用いる。1Mbps程度のスループットが得られるとしている。これは第三世代携帯電話に匹敵するスピードである。2009年開始予定。

EGPRS2-A[編集]

  • Normal GMSK Burst
  • Normal 8PSK Burst
  • Normal 16QAM Burst
  • Normal 32QAM Burst
Normal 16QAM Burst Bits
T1 E F TS F E T2 G
3×4 57×4+3 1 26×4 1 57×4+3 3×4 8.25×4
12 231 1 104 1 231 12 33
Normal 32QAM Burst Bits
T1 E F TS F E T2 G
3×5 57×5+4 1 26×5 1 57×5+4 3×5 8.25×5
15 289 1 130 1 289 15 41.25

EGPRS2-B[編集]

  • HSR QPSK Burst
  • HSR 16QAM Burst
  • HSR 32QAM Burst : 下り最大1894.4kbps、上り最大947.2kbps。
HSR QPSK Burst Bits
T1 E F TS F E T2 G
4×2 68×2+1 1 31×2 1 68×2+1 4×2 10.5×2
8 137 1 62 1 137 8 21
HSR 16QAM Burst Bits
T1 E F TS F E T2 G
4×4 68×4+3 1 31×4 1 68×4+3 4×4 10.5×4
16 275 1 124 1 275 16 41
HSR 32QAM Burst Bits
T1 E F TS F E T2 G
4×5 68×5+4 1 31×5 1 68×5+4 4×5 10.5×5
20 344 1 155 1 344 20 52.5

脚注[編集]

外部リンク[編集]