COMIC メテオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
COMICメテオから転送)
移動先: 案内検索

COMIC メテオ』(コミック メテオ、COMIC Meteor)は、フレックスコミックスが運営[注 1]する日本の無料ウェブコミック配信サイト2012年4月25日開設[1]。創刊時のキャッチコピーは「マンガ界のド新人」。

概要[編集]

基本概要[編集]

2012年4月25日にガイアホールディングス(現・アプリックス)傘下であったジー・モードが、G-modeの「ゲーム」とAICの「アニメーション」とのクロスメディアによるコンテンツ拡大を目的として完全無料・登録不要で読めるハイクオリティ少年WEBコミック誌『COMIC メテオ』を創刊[2][3][4]

2013年4月1日にガイアホールディングスがアプリックスIPホールディングスへと商号変更したことに合わせて同社の出版映像事業部に運営を移行[5][6][7][8]

2016年1月4日に著作契約や出版物の製造業務委託契約等を行うアプリックスIPホールディングスの出版映像事業部を会社分割し、アプリックスIPパブリッシングを新設[9]

2017年に編集部をアプリックス出版事業部コミック編集部からフレックスコミックスコミック編集部に移行[10][11]

2012年10月25日には主に女性読者を対象とした、兄妹誌の無料ウェブコミック配信サイト『COMIC ポラリス』がオープン[12]。編集長はメテオと同じく吉本美雅子であるため[7][13]、ポラリス作品がメテオへと出張掲載されるケースも存在する[14]

閲覧環境としてはパソコンでは基本的にAdobe Flashを使用したビューアーを用いるが、スマートフォン等向けにHTML5形式のビューアーも用意されている。

掲載作家[編集]

掲載作家は2012年4月の運営開始時からフレックスコミックス運営の各ウェブコミック誌にて作品を発表していた作家や、同社が主催していた新人賞・フレコミ漫画大賞の受賞作家がその多くを占めており、連載作品の中には第13回フレコミ漫画大賞ブラッド部門佳作受賞作品「深海魚のアンコさん」や同賞のブラッド部門審査員特別賞受賞作品「道割草物語」を連載化したものも存在している[15]後述するようにフレックスコミックスとジー・モードの間には2012年8月時点より関係性があるため現在もフレックスコミックス関連作家が多く掲載されているが、このような関係性が持たれる前からフレックスコミックス関連作家が多かった事に関しての理由は明かされていない。なお現在はフレコミ漫画大賞の後継として「メテオ=彗星」から命名された「メテオ・ポラリス彗星賞(旧・G-mode新人コミック大賞)」がアプリックスにより主催されており、同賞の受賞作家も掲載陣に加わっている。

フレックスコミックス作品の移籍[編集]

運営開始から3ヵ月後の2012年7月25日、フレックスコミックス運営の無料ウェブコミック誌『FlexComixブラッド』にて連載中で当時は休載が続いていた「天使のどろっぷ」と「ブレイク ブレイド」が突如『COMIC メテオ』へと移籍し連載を再開した[16]。その後9月5日にはメテオが受け皿となって無料ウェブコミック誌『FlexComixブラッド』・『FlexComixネクスト』(フレックスコミックス)掲載の一部作品を統合する事が発表[17]。ほぼ全ての移籍作品は9月中に移籍したが同月中のみブラッド・ネクストでも平行配信され、10月より全面的に連載を移行した[17]。この一連の動きは2012年8月にガイアホールディングス(当時)がフレックスコミックスを買収した事に起因しており[18]、これによってフレックスコミックス運営の各ウェブコミック誌はほぼ全て定期更新を終了している。買収などに関する詳細はフレックスコミックス#沿革を参照。またこれに関連して2012年10月17日よりニコニコ静画において、『ニコニコ メテオ』の誌名で掲載作品の再配信を開始している[注 2][20]

掲載作品[編集]

  • 連載開始順及び連載終了順に記載する(同日開始・終了の場合は五十音順)。
  • 移籍作品はメテオでの連載再開日を記載する。
  • 2017年3月22日現在。

連載中[編集]

新規連載
FlexComixブラッドから移籍
FlexComixネクストから移籍

連載終了[編集]

新規連載
FlexComixブラッドから移籍
FlexComixネクストから移籍

単行本[編集]

掲載作品を収録した単行本レーベル〈メテオCOMICS〉が、発行:フレックスコミックス / 発売:ほるぷ出版[注 21]として2012年11月12日より刊行を開始した[24]。以降、基本的に毎月12日に発売[注 22]しているが、これは元々フレックスコミックスが発行していた〈Flex Comix〉レーベルを引き継いだ形になっており、フレックスコミックス各誌から移籍した作品の多くはこのレーベルへと移行した上で続刊が発行されている。ただし移籍作品の内『かむかむバニラ!』『ヒャッコ』『屋上姫』『神曲奏界ポリフォニカ カーディナル・クリムゾン』『残念くのいち伝』はレーベルを移行せず従来通り〈Flex Comix〉レーベルより発行されている他、2012年10月12日に発売された『這いよれ! スーパーニャル子ちゃんタイム』の第2巻のみ〈Flex Comix〉レーベルのサブレーベル〈Flex Comix メテオ〉レーベルからの発行となっている(第3巻は〈メテオCOMICS〉へ移行しての発行)。

なおこれら単行本の奥付には2013年3月発売分までは制作として「ジー・モード」と記載されていたが[25]、翌4月発売分からは運営がアプリックスに変わった事により代わりに「COMICメテオ編集部」と記載されている[26]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 著作権契約と出版物の製造委託契約は、アプリックスIPパブリッシング
  2. ^ フレックスコミックスが同年9月までニコニコ静画で配信していた『ニコニコ FlexComixブラッド』『ニコニコ FlexComixネクスト』の後継誌にあたる[19]
  3. ^ 2012年5月9日に「恋愛暴君 Love Tyrant」のタイトルで配信した話から継続。
  4. ^ 2012年6月6日に配信した話の煽り文を変更したものを第1話として再配信して連載化。
  5. ^ 2015年10月7日に配信されたものを「収入編」として再配信すると同時に、新作を「身長編」として連載化。
  6. ^ 2016年3月16日に配信されたものを第1話として再配信すると同時に、第2話も更新して連載化。
  7. ^ 新作の連載は2012年12月5日配信の第2話より再開した。
  8. ^ 新作の連載は2012年11月14日配信のsession 0(第57話)より再開した。
  9. ^ 2012年4月11日に『FlexComixブラッド』にて配信した話の写植を一部変更したものを第1話として再配信して連載化。
  10. ^ a b 2013年12月18日から2014年3月26日にかけて『プピポー!』アニメ化に合わせて再配信。
  11. ^ 2012年にフレックスコミックスより発行された単行本『猫背を伸ばして 新装版』を再構成して配信。
  12. ^ 2012年8月29日9月5日に配信した話から継続。
  13. ^ 2012年5月30日に配信した話から継続。
  14. ^ 第1回G-mode新人コミック大賞の佳作受賞作品として、2012年10月1日に配信されたものを第1話として再配信して連載化。
  15. ^ テレビアニメ化に伴い2015年7月1日より第1話からの再配信が行なわれ、その流れで10月7日から新作の連載を再開した。
  16. ^ 第4回メテオ・ポラリス彗星賞の準大賞受賞作品として、2014年7月30日に配信されたものを第1話として再配信して連載化。
  17. ^ 2015年5月11日に編集部からの連載終了が発表された[22]
  18. ^ 新作の連載は2013年4月24日配信の第7話より再開した。
  19. ^ 新作の連載は2012年12月5日配信の第4話より再開した。なお『FlexComixネクスト』掲載時は読み切り作品扱い[23]
  20. ^ 2013年6月26日更新分より「戦極姫 〜PRINCESS OF WAR MASTER〜」からタイトル変更。
  21. ^ ほるぷ出版は2012年2月1日よりフレックスコミックスが発行する単行本を発売しており、フレックスコミックスと同時期にガイアホールディングス(当時)の子会社となっている。詳細はほるぷ出版#会社概要等を参照。
  22. ^ ただし雑誌コードが添付されていない書籍扱いのレーベルであるため、10日頃には店頭に並んでいる。

出典[編集]

  1. ^ コミックナタリー - 「ヒャッコ」のカトウハルアキ別名で参加するWEBコミ創刊”. ナタリー. ナターシャ (2012年3月23日). 2013年8月30日閲覧。
  2. ^ 2012年4月25日、WEBコミック誌「COMIC メテオ」創刊決定!”. 株式会社ジー・モード (2013年3月21日). 2017年4月6日閲覧。
  3. ^ 「COMICメテオ」とは”. 2017年4月14日閲覧。
  4. ^ 事務所移転のお知らせ”. 2017年4月10日閲覧。
  5. ^ 第3回 メテオ・ポラリス彗星賞”. 2017年4月10日閲覧。
  6. ^ 話題の「あの」天使のどろっぷアニメ版スニークプレビュー公開! (PDF)”. アプリックスIPホールディングス (2013年1月10日). 2013年8月30日閲覧。
  7. ^ a b あまりにフェティッシュな表現のPV先行配信でネットユーザーを騒然とせたアニメ版「天使のどろっぷ」の2013年5月のAT-X での放映と、キャスト陣が決定! (PDF)”. アプリックスIPホールディングス (2013年4月17日). 2013年8月30日閲覧。
  8. ^ 商号変更のお知らせ”. アプリックスIPホールディングス (2013年4月1日). 2013年8月30日閲覧。
  9. ^ {会社分割(簡易新設分割)による子会社設立に関するお知らせ (PDF)”. アプリックスIPホールディングス (2015年12月14日). 2017年4月6日閲覧。
  10. ^ 愛されて累計55万部突破!! ネコノミクスの最先端!”. 2017年4月10日閲覧。
  11. ^ [COMICメテオと[COMICポラリス]が人気コミックスの電子書籍版をリリース開始]”. 2017年4月10日閲覧。
  12. ^ コミックナタリー - COMICメテオの兄妹誌10月に創刊、WEBマンガ誌ポラリス”. ナタリー. ナターシャ (2012年9月27日). 2013年8月30日閲覧。
  13. ^ 春の[COMIC ポラリス]は、フレッシュな作家が描く新連載3連発! (PDF)”. アプリックスIPホールディングス (2013年4月25日). 2013年8月30日閲覧。
  14. ^ Twitter / comicmeteor: というわけで、「COMICポラリス(http://t.co/ ...”. COMICメテオ (@comicmeteor) - Twitter (2013年8月21日). 2013年8月30日閲覧。
  15. ^ 第13回フレコミ漫画大賞|FlexComix Web”. FlexComix Web. フレックスコミックス. 2015年6月1日閲覧。
  16. ^ コミックナタリー - 「ブレイク ブレイド」「天使のどろっぷ」メテオで再開”. ナタリー. ナターシャ (2012年7月25日). 2013年8月30日閲覧。
  17. ^ a b コミックナタリー - COMICメテオとFlexComixブラッド・ネクストが合体”. ナタリー. ナターシャ (2012年9月5日). 2013年8月30日閲覧。
  18. ^ ガイアホールディングス<3727>、フレックスコミックスを子会社化。”. MONEYzine. 翔泳社 (2012年7月31日). 2013年8月30日閲覧。
  19. ^ Twitter / FlexComix: ニコニコ メテオ - ...”. フレックスコミックス (@FlexComix) - Twitter (2012年10月17日). 2013年8月30日閲覧。
  20. ^ 「ニコニコ メテオ」創刊準備号がニコニコ静画に登場!”. COMIC メテオ. アプリックス (2012年10月17日). 2013年8月30日閲覧。
  21. ^ 漫画を読む”. COMIC メテオ. アプリックス. 2013年8月30日閲覧。
  22. ^ 「放課後のトラットリア」連載終了のお知らせ”. COMIC メテオ. アプリックス. 2015年5月30日閲覧。
  23. ^ いきなり幼なじみ!!|COMIC メテオ”. FlexComix Web. フレックスコミックス. 2013年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月30日閲覧。
  24. ^ 新レーベル「メテオCOMICS」、11月12日創刊!”. COMIC メテオ. アプリックス (2012年10月24日). 2013年8月30日閲覧。
  25. ^ 三星めがね 『恋愛暴君』第1巻、発行:フレックスコミックス / 発売:ほるぷ出版〈メテオCOMICS〉、2013年3月20日、初版第1刷、162頁。ISBN 978-4-593-85725-8
  26. ^ 高田慎一郎 『少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ』第1巻、発行:フレックスコミックス / 発売:ほるぷ出版〈メテオCOMICS〉、2013年4月20日、初版第1刷、162頁。ISBN 978-4-593-85727-2

外部リンク[編集]