橙乃ままれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
橙乃 ままれ
ペンネーム 橙乃 ままれ
誕生 梅津 大輔
(うめづ だいすけ)
(1973-08-25) 1973年8月25日(47歳)
日本の旗 日本東京都
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
ジャンル ライトノベル
代表作
公式サイト 橙乃ままれ公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

橙乃 ままれ(とうの ままれ、本名:梅津大輔[1]1973年8月25日 - [2])は、日本小説家ライトノベル作家漫画原作者

概要[編集]

東京都出身[2]2009年より「ママレードサンド」名義でインターネット掲示板2ちゃんねるに長編小説『魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」』を投稿していたが、これがゲーム作家の桝田省治の目に留まり書籍化。プロデビューを果たした。現在、葛飾区[3]を拠点として活動を続けており、長編小説のほか、同様の形式で短編も数多く手がけている。

作品リスト[編集]

小説[編集]

  1. 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
  2. 忽鄰塔の陰謀
  3. 聖鍵遠征軍
  4. この手でできること
  5. エピソード1 楡の国の女魔法使い
  6. あの丘の向こうに
  7. エピソード0 砂丘の国の弓使い
  8. エピソード2 花の国の女騎士
  1. 異世界のはじまり
  2. キャメロットの騎士たち
  3. ゲームの終わり【上】
  4. ゲームの終わり【下】
  5. アキバの街の日曜日
  6. 夜明けの迷い子
  7. 供贄の黄金
  8. 雲雀たちの羽ばたき
  9. カナミ、ゴー! イースト!
  10. ノウアスフィアの開墾
  11. クラスティ・タイクーン・ロード
  12. 円卓崩壊
  13. 夜啼鳥(ナイチンゲール)の唄
  14. 黄昏の孤児(みなしご)

漫画原作[編集]

脱税騒動[編集]

2011年に著作権管理会社m2ladeJAM社を設立。2014年までの3年間で、著作権利用料は1億2000万円になったが、口座にそのまま保管されていた。また、多忙と怠慢(本人談)で税務申告もされていなかったため、東京国税局に脱税で告発された[5][6][7]。告発を受けて、検察は意図的に申告しなかったと認定し、12月10日に起訴した[8]。2016年4月26日、自身に懲役10か月と執行猶予3年、m2ladeJAM社には罰金700万円の有罪判決が言い渡された[9]

脚注[編集]

  1. ^ 今回の報道につきまして (PDF)”. m2ladeJAM (2015年4月13日). 2015年4月13日閲覧。
  2. ^ a b marmaladeのインタビュー
  3. ^ 葛飾区立中央図書館お知らせ 橙乃ままれ先生 インタビュー記事
  4. ^ まおゆう魔王勇者 :作品情報”. アニメハック. 2020年8月1日閲覧。
  5. ^ ファンタジー小説作家 脱税の疑いで告発される NHKニュース 2015年4月13日
  6. ^ 小説家「橙乃ままれ」告発=3000万円脱税容疑-東京国税局 時事通信社 2015年4月13日
  7. ^ [Oha!4 NEWS LIVE]の番組概要ページ(放送日 2015年4月14日(火) 4:00〜5:50 放送局 日本テレビ)”. gooテレビ番組. NTT Resonant Inc. (2015年4月14日). 2015年5月6日閲覧。
  8. ^ 小説家「橙乃ままれ」在宅起訴=法人税3000万円脱税-東京地検 時事通信 2015年12月10日
  9. ^ 人気ラノベ作家・橙乃ままれ、3000万円脱税で有罪”. SANSPO.COM. 産経新聞社 (2016年4月26日). 2016年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]