九品そういん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

九品 そういん(くほう そういん)または星野 蒼一朗(ほしの そういちろう)は、日本漫画家男性

星野蒼一朗は商業用の名義とのこと[1]だが、pixivtwitterのアカウントや公式ページ、コミケなどでも九品そういんではなく星野蒼一朗名義で活動している。

概要[編集]

コミックギア』(芳文社)で、漫画『プリンセスサマナー』でデビュー。

主な作品[編集]

星野蒼一朗名義[編集]

履歴[編集]

二次創作の幅は広く他に『マリア様がみてる』、『ひぐらしのなく頃に』、『涼宮ハルヒの憂鬱』などを手がける。同人作家としては『東方Project』の二次創作をメインに描く。主に鈴仙・優曇華院・イナバ(うどんげ)魂魄妖夢(みょん)が描かれることが多い。

過去の作品では4コマ漫画を描いていた時期もあった。

近年では艦隊これくしょんの二次創作が多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]