Aria (平沢進の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Aria
平沢進シングル
A面 Aria
Aria(カラオケ)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル シンフォニック・ロック
時間
レーベル ケイオスユニオン/TESLAKITE
作詞・作曲 平沢進
チャート最高順位
平沢進 シングル 年表
Tetragrammaton
2008年
Aria
(2012年)
テンプレートを表示

Aria』(アリア)は、平沢進の7枚目となるシングル。平沢進のシングルとしては『Tetragrammaton』より4年振りのシングルとなり、2012年2月4日に自主レーベルであるケイオスユニオン/TESLAKITEより発売された[1]

映画ベルセルク 黄金時代篇』の主題歌[1][2]

公式サイトにて2分のショートバージョンが無料公開されており、後述のネットスタンダード認定祭の素材としてニコニ・コモンズにも同バージョンとカラオケが登録された。

解説[編集]

ゲーム『ベルセルク 千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章』主題歌の「Sign」と同様、歌詞は全てベルセルクの世界観を表現した造語で歌われている。正確な歌詞は公開されておらず、平沢はSignと同様にリスナーが各自好きなように歌詞をつけて良いとしている。

映画本編では1分30秒にカットされて使用されたが、サビが演奏されていない。これについて平沢は2013年2月2日の『ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨』公開記念舞台挨拶にて、映画に併せてカットする際、没になるつもりでサビのないバージョンを提出し、その後サビの入ったものを提出する予定がそのまま採用されてしまったと話している。

アルバム「現象の花の秘密」の発売日である2012年11月23日ニコニコ生放送にて『ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨』公開記念 『(`Д´)ワージ!を超えろ!「Aria」歌詞ネットスタンダード認定祭』が放送され、平沢本人が出演。ニコニコ動画利用者から投稿された『Aria』に関する動画評価した[3]

2013年1月29日に『Aria』の歌詞ネットスタンダード映像が公開された[4]

収録曲[編集]

  1. Aria(4:45)
    • 映画『ベルセルク 黄金時代篇』主題歌。
  2. Aria(カラオケ)(4:46)

脚注[編集]

  1. ^ a b 映画『ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵』主題曲「Aria」 CD - NO ROOM、2013年2月28日閲覧。
  2. ^ 平沢進、ベルセルク舞台挨拶「無表情がモットーですので」 - ナタリー、2013年2月28日閲覧。
  3. ^ 【平沢進再降臨】映画ベルセルクⅢ公開記念 「Aria」歌詞ネットスタンダード認定祭 - ニコニコ生放送、2013年2月28日閲覧。
  4. ^ 主題曲「Aria」歌詞ネットスタンダード映像公開! - 『ベルセルク 黄金時代篇』公式サイト、2013年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]