ライトニング (照準ポッド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AN/AAQ-28 (V)から転送)
移動先: 案内検索
AN/AAQ-28 ライトニング

ライトニング(LITENING)は、イスラエルラファエル社が設計・開発した照準ポッド英語版である。アメリカ合衆国が制式化した型番はAN/AAQ-28

概要[編集]

本機は、LANTIRNの照準ポッドであるAN/AAQ-14の機能に、航法ポッドAN/AAQ-13の持つ機能の一部である赤外線前方監視機能(FLIR)を用いてコックピットのHUDに赤外線映像を重ねあわせ夜間飛行を支援する能力を付加した照準ポッドである。AN/AAQ-13のような地形追従レーダーは持っておらず、自動操縦による低空飛行など地形追従レーダーによって実現されていたLANTIRNの機能は実装されていない[1]レーザー誘導爆弾の運用には本ポッドのみで十分であるが、LANTIRNと同一の機能・性能を要するミッションでは、本ポッドに加えAN/AAQ-13を装備する。左後方に弧状の冷却空気用吸気口を持つ。

機能としては、レーザー目標指示装置を備え、レーザー誘導兵器の運用が可能である。また、GPS座標を定める事もでき、GPS誘導兵器の運用も可能となっている。 他にも、赤外線前方監視機能(FLIR)、狭視野・広視野用の2つのCCDテレビセンサーレーザー測距装置などによりパッシブ式の空対空探知・追尾機能およびレーザースポット追跡機能を備えている。また、ROVERen)データリンクの搭載により、地上部隊に映像や画像の送信が可能となっている。

当初は、アメリカから供与されなかったLANTIRNのAN/AAQ-14とAN/AAQ-20の代替として開発され、イスラエル国内でのみ使用されるものだったが、改良型のライトニングIII以降はノースロップ・グラマンと共同で国際マーケティング活動を行い、輸出にも成功している。

現在は、LANTIRNのAN/AAQ-14代替品あるいは後継機種としてアメリカ海軍をはじめ世界各国で広く運用されている。

型式[編集]

ライトニング I[編集]

当初、LANTIRNが供与されなかったため、代替としてイスラエルが開発したもの。

ライトニング II[編集]

イスラエル空軍F-16C/Dで使用するためライトニング Iのレーザーマーカーおよびソフトウェアを改良。1995年より導入が開始された。

ライトニング III[編集]

アメリカ製の戦闘機および欧州の戦闘機に搭載するためにライトニング IIのプラグやソフトウェアを改良したもの。

ライトニング ER[編集]

FLIRの解像度を"320×256"ピクセルから"640×512"ピクセルのものに変更し、目標の探知範囲を拡大した[2]1995年より開発が開始され、2001年に開発を完了した。なお、本機は開発中にノースロップ・グラマン社が参加し共同開発を行っており、この後、製造・販売の面で連帯している。

ライトニング AT[編集]

ライトニング ERの改良型。目標座標生成精度を向上させたことで目標の検出・探知範囲が拡張され、多数の目標の追尾が可能となった。また、UHF通信によるデータリンク機能が追加され、撮影した映像などの共有が可能となった。このような機能を搭載したポッドは本機が始めてである[3]。また、記録用のレコーダーを搭載しており、データリンクが使えない状況下でも敵の情報を持ち帰ることが可能である。2003年に生産が開始された。

ライトニング G4[編集]

ライトニング ATの改良型。搭載機材を全てデジタル化している。CCDを1K、FLIRを"1024×1024"ピクセルのものに換装し、Rafaels AVPイメージング機能を追加したことで画質が向上し、昼/夜の目標の識別・認識精度や範囲が向上した。加えて、目標への探知性能を高めるため前方に新たにセンサーを追加したほか、双方向データリンクが可能となった[4]2008年以降に米軍に納入されている。ラファエル社は、G4以前のポッドを運用しているユーザーにアップグレードキットの型式でも提案を行っている。

ライトニング SE[編集]

先進照準ポッド強化計画(ATP-SE:Advanced Targeting Pod – Sensor Enhancement)により開発された型式。ポッド内にプラグアンドプレイIII(PnP III)対応デジタル双方向データリンクLRUを装備している。地上と空中目標両方の赤外線・可視画像を作り出すことができるようになり、ナビゲーション機能が向上したほか目標識別数が増加した。また、画像のスタンドオフレンジが可能となった[5]。2012年にフルレート生産が開始された[6]

ライトニング G5[編集]

2015年のパリ航空ショーで発表された最新型[7]。空対空目標の識別機能を追加し、赤外線センサの能力向上、CCDカメラのカラー化を行う予定[8]。これにより完全な全天候運用能力を獲得した[7]。情報共有のためのデータリンクも装備される[8]

RECCELITE[編集]

ライトニングをベースとした偵察ポッド。レーザー目標指示器を下ろし、代わりに0.7°の視野を有する赤外線画像方式の3世代FLIRを搭載している。もともと搭載されているFLIR自体も画像識別ユニットに換装されている。また、INSにより、撮影した画像に座標データを書き込むことも可能である。新たに搭載したデジタルフライトレコーダーには最大2.5時間分の撮影データを録画することができ、データリンクにより、ほぼリアルタイムに撮影データの伝送が可能である。部品の70%を共有しているため、ライトニングからの改修も可能である[9]。2015年には、NIR、SWIR、MWIRとカラーセンサーを装備して解像度を向上させたRECCELITE XRが発表された[7]

F-35[編集]

ラファエルでは、F-35に搭載されるEOTSであるAN/AAQ-40の代替として、ライトニングG4をベースにしたものの開発を検討している[10]

採用国[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

イスラエルの旗 イスラエル
イギリスの旗 イギリス
イタリアの旗 イタリア
インドネシアの旗 インドネシア
インドの旗 インド
エジプトの旗 エジプト
オーストラリアの旗 オーストラリア
オランダの旗 オランダ
カザフスタンの旗 カザフスタン
ギリシャの旗 ギリシャ
シンガポールの旗 シンガポール
スウェーデンの旗 スウェーデン
スペインの旗 スペイン
チリの旗 チリ
トルコの旗 トルコ
ドイツの旗 ドイツ
ハンガリーの旗 ハンガリー
フィンランドの旗 フィンランド
ブラジルの旗 ブラジル
ベネズエラの旗 ベネズエラ
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
ポルトガルの旗 ポルトガル
ルーマニアの旗 ルーマニア


仕様[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AN/AAQ-14の機能に、AN/AAQ-13の輸出用ダウングレード版であるAN/AAQ-20「パスファインダー」の機能を追加して1ポッドにまとめたものととらえることもできる。
  2. ^ LITENING AT Fact Sheets
  3. ^ Northrop Grumman Delivers New Advanced Data-Link to U.S. Marine Corps for LITENING Targeting Pods
  4. ^ Northrop Grumman Receives $120 Million Order to Supply LITENING Gen 4 Targeting Sensor Systems
  5. ^ Northrop Grumman Awarded U.S. Air Force Contract to Provide LITENING SE Advanced Targeting Pods
  6. ^ Northrop starts full-rate production of USAF LITENING SE pods
  7. ^ a b c Rafael unveils Litening 5 Targeting Pod and RecceLite XR Reconnaissance Pod in Paris
  8. ^ a b Rafael's Litening pod to gain air-to-air capability
  9. ^ RECCELITE
  10. ^ Rafael eyes Litening adaptation for stealth aircraft

外部リンク[編集]