A・O・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A・O・スコット
A. O. Scott
誕生 Anthony Oliver Scott
1966年7月10日(47歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 ジャーナリスト、映画評論家
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アンソニー・オリヴァー・スコットAnthony Oliver Scott, 1966年7月10日)は、アメリカ合衆国ジャーナリスト映画評論家である。『ニューヨーク・タイムズ』にて、マノーラ・ダルジス英語版と共に映画評論長をしている。

生い立ち[編集]

歴史家の両親の間に生まれた。母はプリンストン高等研究所ジョーン・スコット[1]、父はニューヨーク市立大学ドナルド・スコットである。また、俳優イーライ・ウォラックは大甥である[2]

キャリア[編集]

The New York Review of Books』でロバート・B・シルヴァーズ英語版アシスタントをしてキャリアが始まった[3]。その後、Newsdayで書評をしたり、『The New York Review of Books』、『Slate』に寄稿した。

2000年1月、ジャネット・マスリン英語版が『ニューヨーク・タイムズ』の映画評論を辞めると、スコットが同紙所属となった(マスリンは書評の方は続けた)。2004年、エルヴィス・ミッチェル英語版が同紙を降りた後はスコットが評論家長となった。また彼は『タイムズ』での映画評論の他に、『Critics' Picks』というビデオ・ポッドキャストも配信している[4]

トップテンリスト[編集]

以下はスコットが毎年発表している年間トップテンの一覧である。

2006[5] 2007[6] 2008[7] 2009[8] 2000年代 2010[9]
1 硫黄島からの手紙 4ヶ月、3週と2日 ウォーリー かいじゅうたちのいるところ ウォーリー インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実
2 パンズ・ラビリンス レミーのおいしいレストラン Silent Light ハート・ロッカー A.I. トイ・ストーリー3
3 ある子供 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
The Secret of the Grain 夏時間の庭 ブロークバック・マウンテン コードネーム: カルロス 戦慄のテロリスト
4 デイズ・オブ・グローリー アイム・ノット・ゼア マン・オン・ワイヤー マイレージ、マイライフ 戦場のピアニスト SOMEWHERE
5 リトル・ミス・サンシャイン No End in Sight そして、私たちは愛に帰る ブライト・スター いちばん美しい恋の詩 かいじゅうたちのいるところ キッズ・オールライト
6 百年恋歌 12:08 East of Bucharest
Live-In Maid
ハッピー・ゴー・ラッキー ゴモラ The Best of Youth ベン・スティラー 人生は最悪だ!
7 バーチ通り51番地 〜理想の両親が隠した秘密〜 イントゥ・ザ・ワイルド
潜水服は蝶の夢を見る
ウェンディ&ルーシー プレシャス 4ヶ月、3週と2日 127時間
8 ボルベール〈帰郷〉 善き人のためのソナタ
フィクサー
ミルク 素敵な人生の終り方 エターナル・サンシャイン 最後の帰郷列車
9 リトル・チルドレン マイ・ライフ、マイ・ファミリー
アウェイ・フロム・ハー君を想う
レイチェルの結婚 アバター 25時 シークレット・サンシャイン
10 今宵、フィッツジェラルド劇場で 無ケーカクの命中男/ノックトアップ
JUNO/ジュノ
スーパーバッド 童貞ウォーズ
キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語 グッバイ ソロ ミリオンダラー・ベイビー イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

参考文献[編集]

  1. ^ The School of Social Science
  2. ^ Eli Wallach in The Alcalde
  3. ^ "The Amazing Human Launching Pads". "Who Runs New York", New York magazine, September 26, 2010
  4. ^ Best Movie Reviews – Critics' Picks
  5. ^ A. O. Scott (2006年12月24日). “Here's to the Ambitious and the Altmans”. The New York Times. 2010年7月9日閲覧。
  6. ^ A. O. Scott (2007年12月23日). “Stopping at 10 Just Seems Wrong”. The New York Times. 2010年7月9日閲覧。
  7. ^ A. O. Scott (2008年12月18日). “In the Face of Loss, Celebrating Ties That Bind”. The New York Times. 2010年7月9日閲覧。
  8. ^ A. O. Scott (2009年12月20日). “Homes Are Where You Find Them”. The New York Times. 2010年7月9日閲覧。
  9. ^ A. O. Scott (2010年12月16日). “The Cinematic State of Things”. The New York Times. 2011年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]