鳥見山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥見山
Gthumb.svg
画像募集中
標高 734.6 m
所在地 日本の旗 日本
奈良県宇陀市桜井市
位置 北緯34度33分0.72秒
東経135度56分25.69秒
座標: 北緯34度33分0.72秒 東経135度56分25.69秒
鳥見山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

鳥見山(とりみやま[1]/とみやま[2])は奈良県宇陀市桜井市の境に位置する。標高734.6メートル。

概要[編集]

鳥見山は『日本書紀神武天皇四年二月条によれば、神武天皇が皇祖神・天神を祀った場所である霊畤(まつりのにわ)という伝承に登場し、榛原という地名の由来である。山頂の南側に鞍部を経て雌岳がある。

山頂を南側に下ったところにある鳥見山公園は春のツツジ、秋の紅葉の名所として知られ、山頂に近い方の展望台からは南の方角を眺望できる。また、公園内を東海自然歩道が通っている。

もうひとつの鳥見山[編集]

桜井市外山(とび)にはもうひとつの鳥見山が存在する。山頂の標高は245メートル。西麓に鎮座している式内社等彌神社が山上に鎮座していたとされ、神武天皇にまつわる伝承も同様であり、山中に碑などもある。北麓には宗像神社が鎮座する。

脚注[編集]

  1. ^ 桑原英文・倉橋みどり 2014, p. 72 及び鳥見山公園現地案内板より
  2. ^ 小島誠孝 2010, p. 36.

参考文献[編集]

  • 小島誠孝 『奈良県の山』 山と溪谷社〈新・分県登山ガイド〉、2010年ISBN 9784635023788
  • 桑原英文・倉橋みどり 『奈良 大和路の紅葉』 淡交社、2014年ISBN 9784473039682

外部リンク[編集]