高谷 (市川市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 千葉県 > 市川市 > 高谷 (市川市)
高谷
高谷の位置(千葉県内)
高谷
高谷
高谷の位置
北緯35度41分36.79秒 東経139度56分38.55秒 / 北緯35.6935528度 東経139.9440417度 / 35.6935528; 139.9440417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Ichikawa, Chiba.svg 市川市
人口
2017年(平成29年)9月30日現在)[1]
 • 合計 4,214人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
272-0013[2]
市外局番 047[3]
ナンバープレート 習志野

高谷(こうや)は、千葉県市川市の地名。現行行政地名は高谷一丁目から高谷三丁目と高谷(丁目なし)。郵便番号272-0013[2]

地理[編集]

市川市東南部に位置する。北で船橋市本中山、東で原木、南で高谷新町田尻飛地、西で江戸川を跨いで妙典、北西で田尻と隣接する。付近を船橋市との境界が走っている。この境界は市境問題は長年解決されていない[4]

北側は比較的狭い道路が入り組んでいる住宅地で、ほかは所々に畑や市街化調整区域もあり、きれいに区画整理されている所はあまりないが、新たな市街地の整備計画で防災機能の確保と江戸川を始めとする地域の特性を生かした緑の拠点となる公園の整備が予定されている[5]。南側には千葉県立市川南高等学校市川市立高谷中学校があり、さらにその南側には首都高速道路湾岸線国道357号東京湾岸道路)、JR東日本京葉線が通る。湾岸道路には地区を縦断する外環道との分岐点高谷ジャンクションが設置され、その周囲は各企業の物流拠点や倉庫などが立地している。京葉線はこの高谷で、東京駅西船橋駅を結ぶ本線と、市川塩浜駅西船橋駅を結ぶ支線が分岐し、支線は「高谷支線」の名称が与えられている。

町内を通る江戸川を渡る妙典橋2019年3月26日に開通[6]したため今後はさらに変化するとされているが、土地の有効利用など、早期改善が望まれている。だが、現時点ではまだ何も決まっていない状況であり[7]、町内ではダイオキシンは基準値を達成しているが、産廃施設が多く、大気汚染が心配されていながら環境改善があまり進んでいない[8]

信篤小学校第六中学校が満杯になったため、市川市では2004年にマンション規制を敷いた。学校に余裕がなく、隣の田尻地区には学校が無いために通学が不便なことなどが問題になっている[9]

信篤公民館は、同じ敷地内に図書館と体育館も併設されているが、老朽化のため改築を検討されている。[10]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

地名の由来は荒野開墾で免税、「荒野申付」(こうやもうしつける)から来ている[11]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁丁目 世帯数 人口
高谷 93世帯 109人
高谷一丁目 812世帯 1,413人
高谷二丁目 1,248世帯 2,381人
高谷三丁目 149世帯 311人
2,302世帯 4,214人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[12]

町丁・丁目 番地 小学校 中学校
高谷 1287~2023番地 市川市立信篤小学校 市川市立高谷中学校
高谷一丁目 全域
高谷二丁目 全域
高谷三丁目 全域

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別人口(住民基本台帳)”. 市川市 (2017年10月10日). 2017年11月6日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月7日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ [1] 
  5. ^ [2] 
  6. ^ 一般県道 船橋行徳線 妙典橋が開通します! (PDF)”. 千葉県県土整備部 (2019年2月22日). 2019年3月26日閲覧。
  7. ^ [3] 
  8. ^ [4] 
  9. ^ [5] 
  10. ^ [6] 
  11. ^ [7] 
  12. ^ 小・中学校の通学区域(学区)”. 市川市 (2017年9月28日). 2017年11月7日閲覧。

関連項目[編集]