高橋雅延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 雅延
たかはし まさのぶ
人物情報
生誕 (1958-07-27) 1958年7月27日(63歳)
居住 日本の旗 日本
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
ベルギーの旗 ベルギー
オーストラリアの旗 オーストラリア
出身校 京都大学
学問
研究分野 心理学
研究機関 (常勤)
京都大学
京都橘大学
聖心女子大学
(客員研究員)
ビクトリア大学
ルーヴェン大学
フリンダース大学
学位 博士(教育学)
主な業績 記憶の研究
主要な作品 『記憶のふしぎがわかる心理学』[1]
『認知と感情の心理学』[1]
『記憶力の正体』[2]
学会 日本心理学会日本教育心理学会日本認知心理学会、日本基礎心理学会[3]
主な受賞歴 第11回助成研究吉田秀雄賞「準吉田秀雄賞」[4]
テンプレートを表示

高橋 雅延(たかはし まさのぶ、1958年(昭和33年)7月27日[5] - )は、認知心理学実験心理学を専門とする日本の教育心理学者[1]京都大学博士(教育学)[6]。京都大学助手京都橘大学助教授聖心女子大学教授を歴任[7]記憶の研究に取り組み[1][8]、『記憶のふしぎがわかる心理学』[1]や『記憶力の正体』[2]といった著書もある。

来歴・人物[編集]

新潟県生まれ。小学校の教師を目指して京都教育大学に進学[7][1]鈴木鎮一の著書[注釈 1]を読み、「人間の成長と教え方」に興味を抱くようになる[1]。教え方や覚え方に興味を抱いた高橋は、大学院教育学研究科に進学して心理学(教育心理学、発達心理学)を専攻し、記憶を研究するようになる[7][1]

大学院修了後、京都大学助手京都橘大学助教授を経て、1994年から聖心女子大学文学部助教授に就任[7][9][3]。この年、国際会議でエリザベス・ロフタスに初めて出会っている[8]。1996年には「記憶における符号化方略の研究」のテーマで、京都大学から博士(教育学)の学位を取得(論文博士)[6]。翌年、同名の書籍が北大路書房から出版された[10]

2003年10月から翌年3月まで高橋はニュージーランドビクトリア大学客員研究員を務め[3]、2005年に教授昇進[9]。清水寛之らと行った円周率暗記記録保持者を対象とした研究では、原口證にも協力を仰いでいる[11][12]2010年4月から9月まではベルギールーヴェン大学で、同年10月から翌年の2011年3月まではオーストラリアフリンダース大学で客員研究員を務めた[3][7]。2013年には助成研究吉田秀雄賞「準吉田秀雄賞」を受賞[注釈 2]

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • V.H.グレッグ『ヒューマンメモリ』共訳、サイエンス社、1988年、ISBN 4781905196
  • R.ケイル『子どもの記憶 おぼえること・わすれること』清水寛之 共訳、サイエンス社、1993年、ISBN 4781906893
  • サバス・C.マハラージ『視覚シンボルによるコミュニケーション ピクトグラム・イディオグラム・コミュニケーション(PIC)』清水寛之、井上智義、藤沢和子 共訳、ブレーン出版、1995年、ISBN 489242546X

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『愛に生きる 才能は生まれつきではない』 講談社〈講談社現代新書〉、1966年、ISBN 4061154869
  2. ^ 受賞テーマは「広告に用いるポジティブ情動画像の記憶と評価に及ぼす効果」。同志社大学の井上智義や名古屋大学の北神慎司との共同受賞で、代表者は高橋。副賞は50万円[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 高橋雅延 心理学科 教授”. 聖心女子大学の奥行きを知る. 聖心女子大学. 2018年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 佐藤来未 (2014年9月18日).“「どうして忘れるの?」と自分を責める人へ、不完全な記憶力こそ優秀!?”. 2018年10月20日閲覧。
  3. ^ a b c d 高橋雅延”. Researchmap. 科学技術振興機構 (2013年2月27日) 2018年10月20日閲覧。
  4. ^ a b 第11回「助成研究吉田秀雄賞」贈賞式を開催”. 吉田秀雄記念事業財団 (2013年11月15日) 2018年10月21日閲覧。
  5. ^ 『現代日本人名録』2002
  6. ^ a b 『記憶における符号化方略の研究』京都大学〈博士学位論文(乙第9076号)〉、1996年1月23日、NAID 500000128783doi:10.11501/3108358
  7. ^ a b c d e 『記憶力の正体』著者紹介、“記憶力の正体: 人はなぜ忘れるのか? (ちくま新書)”. amazon.co.jp. 2018年10月21日閲覧。
  8. ^ a b 高橋雅延「E. F. Loftus & K. Ketcham著, 厳島行雄訳 (2000). 『目撃証言』. 東京: 岩波書店E. F. Loftus & K. Ketcham著, 仲真紀子訳 (2000). 『抑圧された記憶の神話―偽りの性的虐待の記憶をめぐって』. 東京: 誠信書房」、『認知科学』第7巻第4号、2000年、361-363頁。
  9. ^ a b 高橋 雅延 TAKAHASHI Masanobu”. Kaken 研究者をさがす. 国立情報学研究所. 2018年10月20日閲覧。
  10. ^ NCID BA31118166
  11. ^ 清水寛之、高橋雅延、齊藤智、友寄英哲「超記憶力者における日常記憶の自己評価」、『日本心理学会大会発表論文集』第71巻、2007年、3PM059。
  12. ^ 清水寛之、高橋雅延、齊藤智、原口證超記憶力者における日常記憶の自己評価(2)」、『日本心理学会大会発表論文集』第72巻、2008年、1EV124。

外部リンク[編集]