高梨公之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高梨 公之(たかなし まさゆき、1915年(大正4年)3月2日 - 2005年(平成17年)1月14日)は、栃木県出身の法学者日本大学名誉総長法学博士弁護士紫綬褒章従三位勲一等瑞宝章

人物[編集]

民法家族法・婚姻法関係の数多くの著名な研究で知られている。監修した『口語民法』はロングセラーとなった。日大紛争の時代に、当時日大大学院生だった小沢一郎に、司法試験弁護士教育)と論文指導をした。2005年1月14日(平成17年)に肺癌のため逝去。享年89。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『債権法各論 1』春陽堂書店 1941年 高等試験準備叢書
  • 『日本婚姻法論 民法における婚姻の自由とその社会的基礎についての一研究』有斐閣 1957年
  • 『各種の契約の仕方と書き方』自由国民社 1959年
  • 『民法概論』新生社 1960年
  • 『法学 現代法に関する12講』有信堂 1962年 文化新書
  • 『蛮氏の民 随想集』新生社 1965年
  • 『民法の考え方』日本評論社 1965年
  • 『法と人と 随想集』新生社 1967年
  • 『法の名言とことわざ集 古今東西の法の名言とことわざの出典・背景・事件・人物のすべて』正続、朝日書店 1969年
  • 『民法の話』日本放送出版協会 1969年 NHK市民大学叢書
  • 『法の名言とことわざ集 その背景・事件・人物のすべて』日本ライフブックス 1973年
  • 『法格言集』(評論社 1975年
  • 『日本婚姻法史論 日本における婚姻の実態とその変遷についての一考察』有斐閣 1976年
  • 『法律雑学のたのしみ 世界の民俗と古典に法をたずねて』自由国民社 1976年
  • 『名前のはなし』東京書籍 1981年 東書選書
  • 『若処子』日本大学 1987年
  • 山田顕義伝 日本近代化にかけた五十年』パナ出版企画 1994年(平成6年)

共編著[編集]

  • 『改正民法要説』永田菊四郎共著 新自由社 1948年
  • 『法律は生きている』編 井上書房 1960年 世相と法律シリーズ
  • 『私法の法社会学』編 法律文化社 1962年
  • 『最近21ヵ年・司法試験模範解答集 その重要点と考え方』編 高文社 1965年
  • 『最新・司法試験模範解答集 その重要点と考え方 最近21ヵ年』編 高文社 1966年
  • 『法学講義』峯村光郎,和田英夫共編 青林書院新社 1969年 青林講義シリーズ
  • 『差をつける法律常識Q&A ライフステージ別・身近におこる112事例』高梨俊一共著 講談社 1985年

記念論集[編集]

  • 『婚姻法の研究』高梨公之教授還暦祝賀論文集刊行発起人会編 有斐閣 1976年

外部リンク[編集]

先代:
古田重二良
学校法人日本大学理事長
1969年 - 1972年
次代:
永澤滋
先代:
鈴木勝
日本大学総長
第7代:1984年 - 1990年
次代:
木下茂徳