酒井健夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

酒井 健夫 (さかい たけお、1942年 - )は、日本の獣医学者教育者。第12代日本大学総長獣医師医学博士。専門分野は獣医疾病予防学。

人物[編集]

1966年(昭和41年)3月、日本大学農獣医学部(現生物資源科学部)獣医学科卒。

東京大学医科学研究所厚生省、台糖ファイザー薬理研究所を経て、1981年(昭和56年)農獣医学部専任講師に。1983年(昭和58年)助教授、1993年(平成5年)教授。1999年(平成11年)学部次長、評議員。

1978年 奈良県立医大 医学博士 「経口避妊薬のラットの成長及び生殖機能に対する影響・経口避妊薬(Sophia)のラットに対する障害とその回復能の宿主年令差及び避妊薬構成単体の効果/経口避妊薬投与ラットの病理組織学的変化」。

2005年(平成17年)日本大学生物資源科学部学部長となり、常任理事大学院生物資源科学研究科長、同大学院獣医学研究科長。2007年(平成19年)同大学公務員試験支援センター長、副総長(総長代理・代行者)となる。

2008年(平成20年)9月、日本大学総長に就任。2011年(平成23年)8月、日本大学総長退任。

学外では、農林水産省獣医事審議会会長、厚生労働省薬事・食品衛生審議会臨時委員、内閣府食品安全委員会専門委員、(社)日本獣医師会理事、私立獣医科大学協会会長、日本家畜衛生学会常任理事、獣医疫学会理事などを務める。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
小嶋勝衛
日本大学総長
第12代:2008年 - 2011年
次代:
大塚𠮷兵衛