和田英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和田 英夫(わだ ひでお、1918年7月4日 - 2001年3月10日)は、日本法学者、第3代駿河台大学学長、明治大学名誉教授、駿河台大学名誉教授。専攻は憲法行政法

人物・来歴[編集]

1918年に山形県で生まれる。東京帝国大学法学部を卒業し、1954年から明治大学教授を務める。1989年に設立準備委員として参画していた駿河台大学法学部教授となった。同大学では法学部長、比較法研究所長、法学研究科長を歴任した後、1994年に第3代学長となる(在任 : 1994年-1999年)。

戦後の日本の憲法・行政法の牽引的な学者の一人とされ、日本公法学会理事などを歴任した。1959年に論文『行政法学の基礎構造』で法学博士(明治大学)を取得した。

著書[編集]

  • 『現代と政黨』(北海青年社, 1948年)
  • 『憲法講義ノート』(三和書房 1953年)
  • 『地方行政の構造 北海道行政の分析を中心として』(三和書房 1954年)
  • 『憲法』(三和書房 1955年)
  • 『行政法ノート』(三和書房 1955)
  • 『憲法略説』(有信堂選書 1957年)
  • 『憲法体系』(弘文堂 1959年/勁草書房 1967年)
  • 『地方自治の理論と動態』(弘文堂 1960年)
  • 『憲法の現代的断面』(評論社 1961年)
  • 『例解行政法』(青林書院 1961年)
  • 『行政法講義 総論編』(三和書房 1963年)
  • 『行政法読本』(井上書房, 1963年)
  • 『国境と壁 欧米短信』井上書房 1963
  • 『演習憲法』(法学書院, 1966年)
  • 『学習憲法』(評論社 1966)
  • 『行政法』(日本評論社, 1968年)
  • 『憲法政治の動態』(日本評論社, 1969年)
  • 『憲法の基礎』(有信堂 1969年)
  • 『国境と壁』(井上書房 1969年)
  • 『憲法の基礎』有信堂 1969
  • 『最高裁判所論 序説的研究』(日本評論社 1971年)
  • 『地方自治の変貌と視点 その危機と再生への方途』(全国自治研修協会 1971年)
  • 『現代日本の憲法状況 憲法二五講』(法学書院 1974年)
  • 『憲法と最高裁判所』(学陽書房 1975年)
  • 『公法原論 現代法学講義(6)』(評論社 1975年)
  • 『国家権力と人権』(三省堂, 1979年)
  • 『大陸型違憲審査制』(有斐閣 1979年)
  • 『行政法講義』(学陽書房 1982-83年)
  • 『行政法の視点と論点 行政法特別講義』(良書普及会 1983年)
  • 『行政委員会と行政争訟制度』(弘文堂 1985年)
  • 『公平審査制度論』(良書普及会 1985年)
  • 『学窓の内と外』(日本評論社 1988年)
  • 『ダイシーとデュギー』(勁草書房 1994年)
  • 『菩提樹』(評論社 1998年)

共編著[編集]

  • 『農地制度改革について』(金田弘夫共著 玄文社 1948年)
  • 『法律の眼』編著 井上書房 1959年)
  • 『行政法入門』降矢敬義共編著 大村書店 1960
  • 『憲法辞典』佐藤功共著 一粒社 1960 法律小辞典全書
  • 『法学講義』峯村光郎,高梨公之共編 青林書院新社 1969
  • 『行政法講義』上巻全訂 田中館照橘共著 三和書房 1972
  • 『現代の司法』高柳信一共編 日本評論社 1972
  • 『ケーススタディ憲法 2』編 法学書院 1975  
  • 『憲法副読本』小林孝輔,星野安三郎共編 文真堂 1975 
  • 『憲法ゼミナール教材』編 1979 有斐閣ブックス
  • 『憲法教室 民主・平和・人権の原点を探る』編 1980 有斐閣選書
  • 『行政法ゼミナール教材』編 1981 有斐閣ブックス
  • 『憲法100講』編著 学陽書房 1983
  • 『憲法(統治・人権)』清水睦共編 一粒社 1989
  • 『訴訟制度と司法救済 日米比較司法制度論研究序説』編著 勁草書房 1989
  • 『現代憲法の体系』編著 勁草書房 1991

翻訳[編集]

  • バーナード・シュウォーツ『アメリカ行政法』弘文堂 1961  

記念論集[編集]

  • 『戦後憲法学の展開 和田英夫教授古稀記念論集』日本評論社 1988
  • 『裁判と地方自治 和田英夫先生古稀記念論文集』敬文堂 1989
先代:
飯野利夫
駿河台大学学長
第3代:1994年 - 1999年
次代:
竹下守夫