高村勝治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高村 勝治(たかむら かつじ、1916年10月9日 - 2009年4月3日)は、アメリカ文学者

石川県生まれ。1940年東京文理科大学卒業、1941年同大学院中退、助手。1946年東京高等師範学校助教授、1948年教授、1949年東京文理科大講師、東京教育大学助教授、1962年「「ローストジェナレーション」研究」で文学博士、1964年教授、移転に伴い筑波大学教授、1980年定年退官、名誉教授、共立女子大学教授。1990年、勲三等旭日中綬章受勲。専門はヘミングウェイで、戦後のアメリカ文学会の中心人物の一人だった。

著書[編集]

  • 『現代アメリカ小説』オリオン社 1949
  • 『現代アメリカ小説序論』研究社出版 1954
  • 『ヘミングウェイ』研究社出版 1955
  • 『英米文學』通信教育大学講座 1966

編著[編集]

  • 英米現代詩の鑑賞 安藤一郎共著 研究社出版 1956
  • 二十世紀アメリカ小説の技巧 (編)南雲堂 1959
  • 解明基礎英文解釈 北條和明共著 文英堂 1968 (シグマ・ベスト)
  • アメリカ小説の展開 岩元巌共編 松柏社 1977

翻訳[編集]

  • 世界文学全集 武器よさらば ヘミングウェイ 河出書房 1955 のち講談社文庫
  • アメリカの現代小説 フレデリック・J.ホフマン 大橋健三郎共訳 評論社 1955
  • ヘミングウエイ全集第3巻 日はまた昇る 三笠書房 1955
  • 慕情 イーサン・フローム イーディス・ウォートン 時事通信社 1956
  • 現代アメリカ文学全集 楽園のこちら側 F・スコット・フィッツジェラルド 荒地出版社 1957
  • ヘミングウェイ傑作選 大日本雄弁会講談社 1957 (ミリオン・ブックス)
  • ベアトリスの死 マーテン・カンバランド 東京創元社 1958
  • 現代文学の焦点 英米小説を中心として フランシス・ブラウン編 小林健治,高本捨三郎共訳 評論社 1959
  • かがやく明けの星・宗教教育 リチャード・ライト,ロバート・ペン・ウォーレン 小林健治,橋口保夫共訳 南雲堂 1960
  • キリマンジャロの雪 ヘミングウェイ 旺文社文庫 1966
  • 白鯨 メルヴィル 旺文社文庫 1973
  • 女のいない男たち ヘミングウェイ 講談社文庫 1977
  • われらの時代に ヘミングウェイ 講談社文庫 1977
  • 勝者には何もやるな ヘミングウェイ 講談社文庫 1977
  • フラニー/ズーイー サリンジャー 講談社文庫 1979