オリオン社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オリオン社(オリオンしゃ)は、1991年まで存在していた日本出版社、大学受験用の通信教育会社。通信教育部門はおもに難関大学の受験生を対象者としたものだった。

通信教育の課題として使用された問題の一部は、書籍として添削受講者のみに限定販売されていたが、発売元が育文社に移行してから、一般書店でも販売されるようになった。多田正行の『思考訓練の場としての英文解釈』シリーズについて、ラサール石井は「偏差値90以上向け」と過去に発言している。ながらく絶版になっていたが、多数の要望が寄せられ、再版されている。

書籍[編集]

外部リンク[編集]