高木慶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高木 慶子(たかき よしこ、1936年10月28日 - )は、日本心理学者神学者聖トマス大学名誉教授煉獄援助修道会修道女シスター)。

経歴[編集]

熊本市生まれ。高木仙右衛門の曾孫。聖心女子大学文学部心理学科卒業、上智大学神学部大学院修士課程修了。2004年「高木仙右衛門に関する研究 「覚書」の分析を中心にして」で英知大学博士(宗教文化)[1]神戸海星女子学院短期大学講師、英知大学助教授教授[2]、2007年定年退任、聖トマス大学名誉教授(校名変更により)。上智大学グリーフケア研究所特任所長。上智大学特任教授。「生と死を考える会全国協議会」会長。「兵庫・生と死を考える会」会長。援助修道会会員。ターミナル(終末期)にある人々のスピリチュアルケア、及び悲嘆にある人々の心のケアに携わる[3]

著書[編集]

  • 『はい・ありがとう・ごめんなさい 家庭における母と子の姿』女子パウロ会 1985
  • 『希望へのかけ橋』みくに書房 1991
  • 『母の祈り はいありがとうごめんなさい』聖母の騎士社 聖母文庫 1991
  • 『高木仙右衛門覚書の研究』中央出版社 1993
  • 『聖書によるキリスト』中央出版社 1994
  • 『大震災 生かされたいのち』春秋社 1996
  • 『死と向き合う瞬間 ターミナル・ケアの現場から』学習研究社 2001
  • 『喪失体験と悲嘆 阪神淡路大震災で子どもと死別した34人の母親の言葉』医学書院 2007
  • 『悲しみの乗り越え方』角川oneテーマ21 2011
  • 『悲しんでいい 大災害とグリーフケア』NHK出版新書 2011
  • 『大切な人をなくすということ』PHP研究所 2011
  • 『悲しみは、きっと乗り越えられる グリーフケアの第一人者が贈る"小さな希望"の見つけ方』大和出版 2012
  • 『髙木仙右衛門に関する研究 「覚書」の分析を中心にして』思文閣出版 2013
  • 『それでも人は生かされている 悲しみを乗り越えて勇気が生まれるとき』PHP研究所 2014
  • 『それでも誰かが支えてくれる 心が晴れる愛と癒やしの言葉』大和書房 2015

共著編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高木仙右衛門に関する研究:「覚書」の分析を中心にして 高木慶子”. 国立国会図書館. 2015年11月5日閲覧。
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年
  3. ^ 『それでも誰かが支えてくれる』著者紹介