高所平気症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高所平気症 (こうしょへいきしょう)とは、高い所に居ても恐怖を感じにくい心理状態を指す俗語。高所恐怖症から派生した言葉。

概要[編集]

読んで字の如く、高い所での恐怖感が少ない症状。高所恐怖症でなくとも、転落する危険のある場所や自分の身長より遥かに高い場所では不安や緊張を感じるのが通常の心理であるが、そのような感覚が欠けている状態を高所平気症とよぶ。4歳頃までに高層階で育った子供は、高所に対する恐怖感が欠如してしまうことがある[1]。財団法人未来工学研究所が1985年2月に行った調査によれば、高層集合住宅の4階以上に住む小学生342人に対して行ったアンケートにおいて、7割以上が「ベランダや窓から下を見ても怖くない」と回答したという[2][3]。同研究所の資料情報室長であった佐久川日菜子が高所平気症と名付けた[4]。1987年から高層住宅に住む児童の自立の遅れについて研究を行っていた[5]東京大学医学部助手(当時)の織田正昭もこの語を用い、さまざまな文献で言及した[6][7][8]

危険性[編集]

高所平気症であればベランダ屋上から下を見下ろしても恐怖感が現れないことから、転落事故を誘発することがある。例として、さいたま市の9階建てマンションで高所平気症の子供が転落死したこともある。

危険が目に見えている状況で怖がるのは、自分の身を守るために備わっている動物の本能であり、それが欠如しているとすれば身を守る力が備えられにくい。つまり、高所平気症は直接身体に作用するものでなく、危険に出会った際に大きく作用してしまうのである。

脚注[編集]

  1. ^ “高所“平気”症の子供たちが急増中? 高層マンション暮らしで怖さ薄れ…転落事故も続々と”. 産経ニュース. (2015年10月19日). http://www.sankei.com/affairs/news/151019/afr1510190001-n1.html 2016年6月23日閲覧。 
  2. ^ 「家庭生活における危険に対する感覚の変化と要因」未来工学研究所、1985年。
  3. ^ 『朝日新聞』1985年6月13日付東京本社夕刊17面。
  4. ^ 甲斐良一「感覚が危ない 91 高所平気症 30階のベランダが子供の遊び場に」『日刊スポーツ』1998年2月3日付29面。
  5. ^ Oda, Masaaki; Taniguchi, Konomi; Wen, Mei-Ling; Higurashi, Makoto (1989). “Effects of High-rise Living on Physical and Mental Development of Children”. Journal of Human Ergology (人類働態学会) 18: 231-235. NAID 130001750152. 
  6. ^ 「高層住宅居住の母子の行動特性」『建築雑誌』第105集第1303号、日本建築学会、1990年9月、30-31ページ。NAID 110003793744
  7. ^ 織田正昭「YOUR HEALTH 高層住宅が母子の行動パターンをかえる」『Newton』第10巻第10号、1990年9月、128-129ページ。
  8. ^ 織田正昭「高層住宅のお母さんと子どもはちょっと違う!?」『愛育』第55巻第12号、恩賜財団母子愛育会愛育推進部、1990年12月、18-21ページ。