高岡サティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高岡サティ
Takaoka SATY
店舗概要
所在地 933-0871
富山県高岡市駅南2丁目1-1
座標 北緯36度44分22.9秒 東経137度1分13.6秒 / 北緯36.739694度 東経137.020444度 / 36.739694; 137.020444座標: 北緯36度44分22.9秒 東経137度1分13.6秒 / 北緯36.739694度 東経137.020444度 / 36.739694; 137.020444
開業日 1993年10月23日
閉業日 2009年1月12日
正式名称 高岡サティ
施設所有者 マイカル北陸
敷地面積 31,600 m²
商業施設面積 23,813 m²
中核店舗 サティ
ワーナー・マイカル・シネマズ高岡
営業時間 9:00 - 21:00
駐車台数 1,256台
後身 ホームセンタームサシ高岡駅南店
最寄駅 高岡駅
MYCAL
テンプレートを表示

高岡サティ(たかおかサティ、: Takaoka SATY)は、かつて富山県高岡市駅南2丁目にあった、イオングループの一企業である株式会社マイカル(現:イオンリテール)が運営していたGMS

概要[編集]

かつて自動車学校があった場所にマイカル子会社の北陸ニチイ(後のマイカル北陸)が富山県内初のサティとして1993年10月23日にオープン。また、海老名東岸和田に次ぐ国内3号店のワーナー・マイカル・シネマズ高岡を併設した。

当時、富山県内最大規模の売場面積(23,813㎡)、富山県内初のサティ(食品館を除けば北陸初)、マルチプレックスシネマ併設ということが話題になり、隣県からの集客も重なり順調に売上を伸ばした。最盛期の1996年度は108億円を売り上げた。

しかし、当時の北陸ニチイが高岡サティ内から移転、親会社の経営不振等から一時期ほどの積極的な改装投資が見られず、1999年頃から陰りが見え始めた。また、1998年には隣県の石川県にもワーナー・マイカル・シネマズが(野々市市イオン御経塚ショッピングセンター(旧:御経塚サティ)の開店と同時に)開館、2000年には富山市(当時婦負郡婦中町)にも当時県内最大売場面積を有し、シネマコンプレックスを併設するファボーレが開店し、高岡サティの優位性は失われていった。2001年には運営会社のマイカルが会社更生法の適用を申請し、一時期は十分な商品供給がなされなかったこともあり、この年度より採算割れになった。

さらに、2002年には1.5Km南に北陸最大級の売場面積を有するイオン高岡ショッピングセンター(現:イオンモール高岡。シネマコンプレックス併設)が開店し、厳しい運営を強いられるようになった。2003年にはマイカルがイオンの完全子会社となったことにより、高岡駅南に同じイオン系列の大型ショッピングセンターが2つ存在することになった。ともにシネマコンプレックスを併設していたこともあり、商圏の重複による悪影響が懸念されたが、当面の間高岡サティも営業を継続すると発表された。しかしその後、活性化改装がなされたが売上が伸びず、2009年1月12日をもって閉店。2007年度の売上は37億円だった。

ワーナー・マイカル・シネマズ高岡[編集]

ワーナー・マイカル・シネマズ高岡
WARNER MYCAL CINEMAS TAKAOKA
情報
正式名称 ワーナー・マイカル・シネマズ高岡
完成 1993年
開館 1993年10月23日
閉館 2009年1月12日
収容人員 (6スクリーン)1,155人
設備 ドルビーデジタルDTS
用途 映画上映
運営 株式会社ワーナー・マイカル
所在地 933-0871
富山県高岡市駅南2丁目1-1
高岡サティ内
アクセス JR高岡駅から徒歩5分

ワーナー・マイカル・シネマズ高岡(WARNER MYCAL CINEMAS TAKAOKA)は、海老名、東岸和田に続くワーナー・マイカルの3号劇場としてオープン。6スクリーン・1,155席あった。2009年1月10日から3日間行われた最終興行では『スタンド・バイ・ミー』『ローマの休日』『ニュー・シネマ・パラダイス』が無料上映された。

座席数
  • スクリーン1:153席
  • スクリーン2:179席
  • スクリーン3:135席
  • スクリーン4:374席
  • スクリーン5:135席
  • スクリーン6:179席

沿革[編集]

スポートマート(スポーツ用品)を導入、専門店部分が拡張された。このころ、エスカレーターが撤去される(閉店間際の子供服売り場あたりに存在した)。
  • 1996年
    • 3月20日 - 増床リニューアルオープン(3階屋内駐車場部分を売場に改装)。
    スポートマートが1階から3階へ、エルザ(家庭電器)、ビブロス(レンタルビデオ)、ビビハウス(家具)、パワーマーケット(インポート家具)、トイマート(玩具)、グルメピアザ(フードコート)を導入。また、婦人服売場を1.5倍に拡張。
    • 9月 - リニューアルオープン
    フォレストメッセ(1号店)を導入。
  • 1997年
    アワーハウス(紳士服)を導入。
    • 9月 - リニューアルオープン
    文具楽館(文具)を導入。スポートマートがスポージアムに改められる。
  • 1998年
  • 2000年6月 - ライトオンがオープン(2003年末閉店)。
  • 2001年4月 - リフレッシュオープン
    直営面積を減らし、大型専門店を導入(マツヤデンキ等)。
  • 2003年
    • 5月 - リフレッシュオープン
    直営面積をさらに減らし、大型専門店を導入。マツヤデンキが撤退し、家具の米三、ダイソー(県下最大)を導入。化粧品コーナーが充実。後に、フードコート、インターネットカフェもオープン。
    • 夏 - 食品部門のみ23:00まで営業。
    • 11月11日 - 営業時間が9:00-21:00までとなる(食品、家庭用品は22:00まで)。
  • 2005年
  • 2007年11月 - 開店時間が再度9:00となる。
  • 2008年
  • 2009年1月12日 - 20:00をもって閉店。
  • 2010年10月 - 2011年初めを目処に店舗を取り壊す方針を固める。
  • 2011年2月 - 解体。同年2月11日、ムサシを展開するアークランドサカモト2011年秋を目途に食品館を併設した商業施設を開業することが報じられる。延べ床面積は1万5000m2
  • 2011年11月22日 - 跡地に「ホームセンタームサシ 高岡駅南店」をオープン。

出典[編集]

  1. ^ 映画日記 2001.1.1~12.31”. 桂小春団治 公式サイト. 2016年3月10日閲覧。
  2. ^ “主演の山崎さん「じっくり楽しんで」映画『8月のクリスマス』試写会”. 北日本新聞 (北日本新聞社). (2005年9月16日). http://www.kitanippon.co.jp/pub/fmail/backno/takaoka/2005/0086.html 2016年3月10日閲覧。 
  3. ^ “2月3日(日)『歓喜の歌』舞台挨拶を開催 - ワーナー・マイカル・シネマズ高岡” (プレスリリース), イオンエンターテイメント, (2008年1月28日), http://www.aeoncinema.com/company/press/08/01/0128.html 2016年3月10日閲覧。