イオン海老名店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオン海老名ショッピングセンター
ÆON EBINA SHOPPING CENTER
Aeon ebina.jpg
店舗概要
所在地 243-0432
神奈川県海老名市中央二丁目4番1号
座標 北緯35度27分1.5秒東経139度23分34.5秒座標: 北緯35度27分1.5秒 東経139度23分34.5秒
開業日 1979年昭和54年)11月30日
(旧・ニチイ海老名店)
1993年平成5年)4月24日
(サティに転換)
2011年(平成23年)3月1日
(イオンに名称変更)
正式名称 海老名ショッピングデパート[1]
施設所有者 イオンリテール株式会社[2]

イオンモール株式会社
施設管理者 イオンリテール株式会社
商業施設面積 31,833 m²
店舗数 ÆONと70の専門店
営業時間 食料品売場9:00 - 23:00
衣料品・住生活用品売場9:00 - 22:00
駐車台数 1,335台
前身 ニチイ海老名店

海老名サティ
最寄駅 海老名駅
最寄IC 海老名IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
イオンシネマ海老名
ÆON CINEMA EBINA
WARNER MYCAL CINEMAS Ebina 4.jpg
ワーナー・マイカル時代のエントランス
(イオンシネマ改称前の2013年6月に撮影)
情報
正式名称 イオンシネマ海老名
旧名称 ワーナー・マイカル・シネマズ海老名
完成 1993年
開館 1993年4月24日
開館公演ロボコップ3』(フレッド・デッカー監督)他
収容人員 (7スクリーン)1,874人
客席数 スクリーン1:158
スクリーン2:158
スクリーン3:381
スクリーン4:147
スクリーン5:234
スクリーン6:222
スクリーン7:574
設備 ドルビーデジタル5.1ch、DLPTHXシアター
用途 映画上映
運営 イオンエンターテイメント
所在地 243-0432
神奈川県海老名市中央二丁目4番1号
イオン海老名店2階
アクセス 本文参照
外部リンク イオンシネマ海老名

イオン海老名店(イオンえびなてん)は、神奈川県海老名市に所在する、イオングループの一企業であるイオンリテール株式会社が運営するショッピングセンター

概要[編集]

1979年11月にニチイ海老名店(ニチイえびなてん)として開店。海老名駅近隣に立地し、イオンシネマ海老名を併設する。

年表[編集]

フロア構成[編集]

  • 1階:食品のフロアと婦人ファッション・H&BCのフロア
  • 2階:紳士ファッションとキッズワールドのフロア
  • 3階:住まいと暮らしのフロア
  • 4階:コナミスポーツクラブ海老名
  • ポトラッチ館1階:専門店

ポトラッチ館の2階から上は駐車場となっている。出店している専門店の一覧は公式サイト「専門店連絡先」を参照。

イオンシネマ海老名[編集]

イオン海老名店2階に所在するシネマコンプレックスワーナー・マイカル・シネマズの第1号劇場として1993年に開業した。一般的には日本初のシネマコンプレックスとされる(「シネマコンプレックス#歴史」も参照)。7スクリーンがあり、7スクリーン合計で1,874人を収容できる。当館の5・7スクリーンは、日本初のTHX認定スクリーンである。運営会社の合併に伴い、2013年7月1日にイオンシネマ海老名に改称した。

交通[編集]

自動車[編集]

国道246号下今泉交差点から東京都道・神奈川県道51号町田厚木線で河原口交差点左折、厚木街道(旧国道246号)海老名駅入口交差点先。

鉄道[編集]

相模線小田急小田原線相鉄本線海老名駅東口から徒歩5分。

周辺施設[編集]

その他[編集]

  • 2002年に海老名駅前にビナウォークが開業した際、複数のテナントがビナウォークへの移転や店舗閉鎖を行い一時は1階が閑散としていた時期があった。しかしその後はテナント数も回復し、ヴィレッジヴァンガードなども出店している。
  • 2003年に改装工事を実施した。
  • 2007年、3階に直営の家電販売コーナーが開設されたが、2010年にポトラッチ館1階に家電量販店ノジマが出店したことで直営売場での家電の取扱がなくなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]