飯島周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飯島 周(いいじま いたる、1930年11月18日[1]- )は、日本言語学者跡見学園女子大学名誉教授

人物[編集]

長野県出身。東京大学文学部言語学科卒業。跡見学園女子大学短期大学部助教授、跡見学園女子大学教授2001年定年、名誉教授。専攻は言語学

2009年チェコ文化普及の功績により同国政府より功労賞授与。日本チェコ協会会長。

著書[編集]

共編など[編集]

翻訳[編集]

  • アントニーン・リーム『三つの世代』みすず書房 1970
  • ヴィレーム・マテジウス著 ジョセフ・ヴァヘク編『機能言語学 一般言語学に基づく現代英語の機能的分析』[[桐原書<店]] 1981
  • F.R.パーマー『英語の法助動詞』桐原書店 1984
  • ヤロスラフ・サイフェルト『ヴィーナスの腕 詩集』桐原書店 1986
  • 『マミンカ おかあさん J.サイフェルト詩集』恒文社 1989
  • バーツラフ・ハベルビロード革命のこころ チェコスロバキア大統領は訴える』千野栄一共編訳 1990 岩波ブックレット
  • J.プラットほか『"新英語"の実相』松柏社 1991
  • ヴァーツラフ・ハヴェル『反政治のすすめ』監訳 恒文社 1991
  • カレル・チャペック『いろいろな人たち チャペック・エッセイ集』編訳 1995 平凡社ライブラリー
  • 『チャペック小説選集 第3巻 ホルドゥバル』成文社 1995
  • 『チャペック小説選集 第4巻 流れ星』成文社 1996
  • ヴァーツラフ・ハヴェル『プラハ獄中記 妻オルガへの手紙』恒文社 1995
  • 『カレル・チャペック<エッセイ選集>』編訳 恒文社
    • イギリスだより 1996 のちちくま文庫
    • 犬と猫 1996
    • 園芸家の一年 1997 のち平凡社ライブラリー
    • 新聞・映画・芝居をつくる 1997
    • スペイン旅行記 1997 のちちくま文庫
    • チェコスロヴァキアめぐり 1996 のちちくま文庫
  • 『未来からの手紙 チャペック・エッセイ集』編訳 1996 平凡社ライブラリー
  • 『チャペック小説選集 第5巻 平凡な人生』成文社 1997
  • ヤロスラフ・サイフェルト『この世の美しきものすべて チェコスロヴァキア』関根日出男共訳 恒文社 1998
  • 『人造人間 ヨゼフ・チャペックエッセイ集』編訳 平凡社 2000
  • ヤロスラフ・ハシェク『不埒な人たち ハシェク風刺短編集』編訳 平凡社 2002
  • 『こまった人たち チャペック小品集』編訳 2005 平凡社ライブラリー
  • ヨゼフ・ラダ絵 イジー・ジャーチェク文『どうぶつだいすき』平凡社 2005
  • 『カレル・チャペック旅行記コレクション』ちくま文庫 編訳
    • 北欧の旅 2009
    • オランダ絵図 2010
  • カレル・チャペック『絶対製造工場』2010 平凡社ライブラリー
  • ボフミル・フラバル『厳重に監視された列車』松籟社 2012

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』