食糞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

食糞(しょくふん)とは動物が自分自身または他の動物(同種の他の個体または他の種)のを食べることである。人間を含む多くの種の動物がこれを行うが、その目的は種によって様々である。

人間以外の動物の食糞[編集]

  • イヌは自分自身あるいは他の個体の糞を食べることがある。空腹、ストレス、おもちゃ感覚、子犬の排泄の補助、排泄物の処理など様々な目的があるといわれている[1][2]
  • ウサギの糞には健康維持に不可欠なビタミンB12が多量に含まれており、ウサギは自分自身の糞を食べる[3]。ウサギの糞には硬い球形の糞(硬糞)のほかに盲腸の内容物とされる軟らかいクリーム状の糞(軟糞)があり、肛門に口をつけてこの軟糞を食べる。
  • コアラは母親が自分の糞を子に食べさせる習性がある。離乳食としての役割があり、母親の糞を食べることでユーカリの味を覚えるとともにユーカリの消化に必要な微生物を吸収する[4]
  • 以前は家畜として飼育するブタとして人糞を食べさせることが広く行われていた。
  • 哺乳類の糞を餌とする糞虫といわれるコガネムシ科昆虫がいる。スカラベ(フンコロガシ)などがある。動物の糞には他の動物が利用可能な栄養が含まれているため、糞虫以外の昆虫類などの小型動物も集まる。

人間の食糞[編集]

糞の食用[編集]

  • いじめ嫌がらせ等の一種として、他人に人糞を食べることを強要する例がある。2005年には、韓国陸軍訓練所の教官が新兵192人に人糞を食べるよう強制した韓国陸軍訓練所食糞事件が起こっている[5]
  • 性的倒錯の一種として糞尿愛好症があり、食糞を行うことがある。日本においては、近年、スカトロプレイのアダルトビデオが非常に多く制作されている。[6][出典無効]

信仰[編集]

餓鬼草紙』より「食糞餓鬼」、東京国立博物館所蔵

仏教では、布施を行わなかった者は餓鬼の1種である「食糞餓鬼(じきふんがき)」になると言われている[7]

脚注[編集]

  1. ^ 犬のしつけ相談室 第13回:食糞 - アイリスペットどっとコム、アイリスオーヤマ、2014年4月30日閲覧。
  2. ^ ペットなんでも相談室 vol.44 食糞癖が治らない - 高田由香、朝日新聞「どらく」、2010年3月23日
  3. ^ 知られざるウサギの秘密 なぜ糞を食べるのか - 日本経済新聞、2013年7月27日
  4. ^ 動物たちの横顔 05「コアラのふしぎ」 - 東京ズーネット
  5. ^ 【社説】国防長官・陸軍参謀総長、過酷行為の責任を取るように”. 中央日報 (2005年1月21日). 2014年4月29日閲覧。
  6. ^ [1]-
  7. ^ ひろさちや仏教法話大事典鈴木出版2004年、124頁。ISBN 9784790211099

関連項目[編集]