トンスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:トンスルの画像提供をお願いします。2013年8月
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(ハングル)が含まれています詳細
トンスル
各種表記
ハングル 똥술
漢字 糞酒
発音 トンスル
ローマ字転写: Ttongsul[1]
テンプレートを表示

トンスル똥술、糞酒、Ttongsul)は、韓国で飲用されている人糞を使った薬用酒[2]韓方薬

韓国では地方によって作り方に差異がある一種の民間療法とされる。骨折・打撲・腰痛に効果があるとされるトンスルはほとんどの現代韓国人が存在を知らず、飲用は1960年代にほぼ無くなったとされるが、今日でも一握りの伝統主義者が飲用しているというVICE Japanの動画がイギリスタブロイド紙、デイリー・メールで紹介された[1][3]

製法[編集]

様々な製法が伝えられている[1]

  • 田舎のぽっとんトイレに竹を差込み竹の中にうんこが詰まって出てきたものにお酒を混ぜて飲む[4]
  • 竹筒に小さな穴を開け、松葉できっちり穴を塞ぎ、便壺に入れておき、3-4ヶ月経つと、竹筒の中に清い液が溜まるので、それをマッコリと混ぜて熟成させる[5]
  • 急ぎの場合は直接に酒と大便を混ぜて3日程度で飲む場合もあった[5]が、急造されたトンスルは薬としての効果は弱く、非常に臭いがきつく飲みづらい。
  • 赤ちゃんのウ○コを焼いた物と複数の韓薬(秦皮(?)、ホンア、猫の骨等)を酒に漬ける[6]。全ての疾患に治療効果を発揮するとされる。
  • 6歳の子供の大便に水を混ぜ、丸1日発酵させる。次に、炊いた白米と酵母、糞尿を混ぜて酒にする[7][1]。骨折・打撲・腰痛のほか、てんかんにも効能があるとされる。

朝鮮半島における人糞の水薬[編集]

破棺湯(野人乾水)の製法が載せられている『東醫寶鑑』(ユネスコ世界記録遺産に登録されている)

漢方薬では人(またはその他の動物)の大便・小便が薬または薬の原料として一般的に用いられるが、中国から漢方医学が伝わった朝鮮半島でも、人糞を使った水薬として用いていた。それは「破棺湯」またの名を「野人乾水」というもので[8]、熱病で発狂したときに飲むべしとされ、乾燥させた人糞を焼き、水に溶かしたものである。人糞を乾燥させ粉末にしたものを「ヤインゴン, (야인건/野人乾)」と呼び、それを煎じたものを「ヤインゴンス, (야인건수/野人乾水)」と呼ぶ。「傷寒発狂」という重い症状(現代で言えば腸チフス等からくる循環器系疾患および意識障害)の時にも用いる三番目に厳しい薬で、ちなみに(発狂を治す)最も厳しい治療法は火の中に顔を突っ込んで鼻の穴から炎を吸い込むという火却法[8]。15~16世紀に李氏朝鮮時代の女医・大長今が、第11代朝鮮国王中宗に解熱剤として処方したことで知られる[9][10]

また朝鮮では、民間療法としてヒトに由来する生薬を多く用い、人糞を薬用としてきた。『東医宝鑑』によると、「肉を食べて中毒になった時、人糞汁を飲食させればよい」と書いてあり、「毒キノコ中毒になった時、人糞を一升食べさせる」と書かれてあり、朝鮮の昔の歌手がのどを通すために人糞水を飲んだという話も伝わっている[11]

日韓併合時代の韓国の風俗を蒐集した『朝鮮風俗集:全』には、二日[12]の治療として「人糞を黒飴に包み三日間夜霧にさらした丸薬を飲む」、腫れ物の対処として「人糞に塩を混ぜて貼る」、チフス(熱病)の治療として「人糞を瓦に塗って熱して水に入れその水を飲む」、虫歯の対処として「人糞を焼いて歯に含む」などの人糞療法の記録が残っている[13]

トンスルに関するインターネット報道[編集]

  • 2009年7月31日、トンスルを紹介する記事をロケットニュース24(β)が配信し[14]、記事配信先のLivedoor ニュースなどのポータルサイトでも紹介された[15]。それによると、韓国に嫁いだ日本人女性のブログ[4]を紹介し、嫁ぎ先でトンスルに出会い「うんこ酒」という漢方に困惑した様子が記載され、記事では「特に韓国の田舎では愛飲されているようである」とされた。これによってインターネット上において「韓国人は『ウンコ酒』を愛飲している」というが爆発的に広まったが、現代の韓国では極めてマイナーな存在だということや[2]、薬であることなどは語られなかった[16]。記事の元となったブログにはコメントが殺到し、同年8月3日にブログ管理人はコメントをすべて削除した上で「旦那のうわさ話を鵜呑みにして書いた」とし、「口裂け女が出没!」と同じレベルの話で、真剣に受け止めないでほしいとした[4]2010年3月30日、韓国紙のヘラルド経済は、現在は飲む人はいないと言っても過言ではなく、報道は事実ではないと反論している[2]
  • 2012年11月9日、ロケットニュース24では半年間に渡る極秘の調査でトンスルの秘密の売人を発見し購入。トンスルは現在の韓国でも製造がされていること、店では買えず事前の注文でトンスル販売員から直接買えることなどを報じた[6]。ロケットニュース24が取材した製法では、子供の便を250℃の電気オーブンで30分間焼くため隣近所に悪臭が匂い、それを朝鮮人は韓方や韓薬と呼称する漢方薬と猫の骨とともに最低2ヶ月間酒に漬け込み、茶色の液体が完成するという。女優の千絵ノムラが実際にトンスルを飲む動画が公開された[17]。2012年12月28日には、ガールズエアバンド「ドッペルゲンガー」のメンバーである北條まみ加藤遥小田あさ美由井香織加藤桃子の5人に、原料を秘匿して飲ませて感想を聞いた記事を掲載した[18]
  • 2013年8月17日にVICE Japanは、ウチダ・ユカ記者が李昌洙医師を取材し、目の前でつくってもらったトンスルを飲んでみたが、帰りに嘔吐してしまう、という内容の記事と動画を公開している[19]。同20日には英紙デイリー・メールが[1]、同22日には中国の環球時報が香港の文匯報を引用して[7]、同23日には中国の広州日報もデイリー・メールを引用して、それぞれ報道している[20]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Sarah Griffiths 「Bottoms up? The bizarre traditional Korean rice wine that uses human POO to 'heal' everything from broken bones to epilepsy」 デイリー・メール 2013年8月20日
  2. ^ a b c “한국인, ‘똥술’ 마신다” 日 기사 논란(「『韓国人、トンスル飲む』日本の記事論争」)ヘラルド経済(2010年3月10日)
  3. ^ 韓国の人糞酒「トンスル」 - Korean Poo Wine VICE Japan 2013年8月16日
  4. ^ a b c トンスル(うんこ酒) - 走れ!ボンヤン一家 相方は釜山人。(2005年6月30日)
  5. ^ a b 똥술” (朝鮮語). 경남일보(慶南日報) (2007年10月15日). 2009年8月8日閲覧。慶南警察庁警務課長カン・ソンジュのコラム
  6. ^ a b 韓国伝統の人糞酒『トンスル』を入手 / 現在も販売されており猫も材料として使用 ロケットニュース24、2012年11月9日
  7. ^ a b 韓国に数百年伝わる秘伝の「薬用酒」、実は6歳の子どもの大便が原料だった Focus-Asia 2013年8月22日
  8. ^ a b 許浚 (他)編、国立国会図書館デジタルコレクション 「寒」 『訂正東醫寶鑑』難病篇3巻 栂井藤兵衛、1724年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2558298/5 国立国会図書館デジタルコレクション 
  9. ^ 「世宗大王は肉食がお好き…肥満に糖尿病」東亜日報 AUGUST 22, 2005 03:11 2013年8月24日閲覧
  10. ^ 「朝鮮時代の王たちの疾病治療を通じてみた医学の変遷」金正善 ソウル大学大学院医学科
  11. ^ 【噴水台】人糞 金南中(キム・ナムジュン)論説委員 中央日報 2010/8/20
  12. ^ 「ふつかおこり」と読む。熱病の一種で、多くはマラリアをさす。
  13. ^ 今村鞆『朝鮮風俗集:全』斯道舘、1914年、426ページ
  14. ^ 韓国伝統の人糞酒『トンスル』とはどんな酒なのか - ロケットニュース24(β)
  15. ^ livedoor ニュースエキサイトニュースMSNニュース
  16. ^ 上記のニュースサイトは『伝統的な料理やお酒』としてトンスルを紹介していた。
  17. ^ 韓国伝統の人糞酒『トンスル』を飲んでみた / 色は完全にウンコだが「漢方酒」のような味 ロケットニュース24、2012年11月11日
  18. ^ 【トンスル】韓国のウンコ酒を美女5人に飲ませてみた / 女子「ワインのような上質な味がする」→ 記者「ウンコ入ってますよ」→ 女子「糞まずオエーッ!!」 ロケットニュース24、2012年12月28日
  19. ^ 韓国秘伝の人糞酒『トンスル』その製造過程からお味まで確かめてみよう! VICE JAPAN、2013年8月17日 2013年9月1日閲覧
  20. ^ 原料は6歳の子どもの大便、韓国秘伝の「トンスル」を日本人女性記者が試飲―中国紙 新華経済、2013年8月23日 2013年9月1日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]