須磨久善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

須磨 久善(すま ひさよし、1950年3月1日 - )は、兵庫県出身の心臓血管外科医。

概説[編集]

甲南中学校・高等学校大阪医科大学卒業後、三井記念病院心臓血管外科部長、ローマカトリック大学(サクロ・クオーレ・カトリック大学)心臓外科客員教授湘南鎌倉総合病院院長、葉山ハートセンター院長、順天堂大学医学部心臓血管外科客員教授などを歴任。2005年4月より財団法人心臓血管研究所付属病院スーパーバイザー

2012年に須磨ハートクリニックを開設し、須磨ハートクリニック院長と順天堂大学心臓外科客員教授、香川大学医学部臨床教授、大阪医科大学アドバイザーを兼任している。

世界で初めて胃大網動脈グラフトを使用した冠動脈バイパスを開発し、日本で初めて拡張型心筋症に対する左室形成術の一術式であるバチスタ手術を行った。さらに手術器具の開発やバチスタ手術、バイパス手術などの改良を重ね、超音波心筋の良し悪しを判断して悪い部分のみを縫い縮める「改良型バチスタ手術」やパッチを使って間仕切りをつくり左心室の容積を縮める「SAVE手術」を考案し、成功率を飛躍的に高めた。後にSAVE手術はSUMA手術とも呼ばれようになる。

経歴[編集]

出演[編集]

外部リンク[編集]