サクロ・クオーレ・カトリック大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サクロ・クオーレ・カトリック大学(ミラノ•カトリック大学)(ローマ•カトリック大学) (Università Cattolica del Sacro Cuore, UCSC) は、イタリアロンバルディア州ミラノにメインキャンパスを置く総合大学である。1921年に創立され、ヨーロッパで最も大きな私立大学であり、世界最大のカトリック大学である。

Inner yard

ローマブレッシャピアチェンツァクレモーナカンポバッソにもキャンパスがある。

評価[編集]

世界学術ランキング[編集]

2017年QS世界科目別ランキングによると、サクロ・クオーレ・カトリック大学は10科目において世界上位200位以内に位置づけられる。法学は51-100位、医学は101-150位 経済学は151位-200位、経営学は201位-250位といった具合である。[1]

就職[編集]

2017年QS世界大学就職ランキングによると、世界上位100位以内の81位-90位に位置づけられる。[2]

著名な卒業生[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]