サクロ・クオーレ・カトリック大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サクロ・クオーレ・カトリック大学(ミラノ•カトリック大学)(ローマ•カトリック大学) (Università Cattolica del Sacro Cuore, UCSC) は、イタリアロンバルディア州ミラノにメインキャンパスを置く総合大学である。1921年に創立され、ヨーロッパ最大の私立大学であり、世界で最も大きなカトリック大学である。ローマブレッシャピアチェンツァクレモーナカンポバッソにもキャンパスがある。

サクロ・クオーレ・カトリック大学
Catholic university of sacred heart
Chiostro Unicatt.jpg
ラテン語: Universitas Catholica sacri cordis
学校種別 私立大学
設立年 1921年
位置 ミラノローマブレシアクレモナピアチェンツァ
ウェブサイト http://www.ucsc.it/

評価[編集]

世界学術ランキング[編集]

2017年QS世界科目別ランキングによると、サクロ・クオーレ・カトリック大学は10科目において世界上位200位以内に位置づけられる。法学は51-100位、医学は101-150位 経済学は151位-200位、経営学は201位-250位といった具合である。[1]

就職[編集]

2017年QS世界大学就職ランキングによると、世界上位100位以内の81位-90位に位置づけられる。[2]

主な関係者[編集]

ジェメッリ総合病院[編集]

カトリック大学の創立者である内科医、アゴスティーノ・ジェメリに因んだ大学付属病院である。 ローマにある高度先進医療施設であり、イタリアでは最もよく知られる病院の一つである。 病床数は1558床であり、ローマでは最大、イタリア国内で2番目の規模を誇る。 ローマ法王マザーテレサスティーブン・ホーキングなどの著名人が過去に来院したことでも有名である。

ジェメッリ病院・ハイブリッド手術室の様子

関連項目[編集]

脚注[編集]