青木健作 (小説家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青木 健作
誕生 1883年11月27日
日本の旗 日本 山口県都濃郡富田村(現・周南市
死没 (1964-12-16) 1964年12月16日(81歳没)
職業 俳人小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京帝国大学哲学科
活動期間 1909年 - 1962年
ジャンル 俳句、小説
デビュー作 『鼬鼠』
子供 井本農一
所属無花果句会」主宰
テンプレートを表示

青木 健作(あおき けんさく、1883年11月27日 - 1964年12月16日)は、日本の小説家俳人法政大学名誉教授。本名は井本健作(青木家より井本家に養子)。国文学者・井本農一の父。

年譜[編集]

著書[編集]

  • お絹(春陽堂 現代文芸叢書、1913年)
  • 若き教師の悩み 附・彼と少年、残骸(天祐社、1919年)
  • デモクラシー(学芸書院 最新学芸叢書、1919年)
  • 青木健作短編集(春陽堂、1928年)
  • 新講俳諧史(育英書院 1935年)
  • 随筆椎の実(子文書房、1943年)
  • 面影 : 井本静子追悼録(1962年)
  • ふるさと文芸(青木健作顕彰の会、1994年)
  • 青木健作自筆俳句集を読む(井本商三、桑原伸一監修 瀬野光敏編 いづみ出版 2006年 ひかり文庫)

関連文献[編集]

  • 桑原伸一『青木健作 初期作品の世界』(笠間書院 1992年)

参考文献[編集]

  • 『日本近代文学大事典』(講談社、1984年)