井本農一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井本 農一(いもと のういち、1913年3月30日 - 1998年10月10日)は、日本の国文学者俳人お茶の水女子大学名誉教授。

山口県新南陽市(現周南市)に生まれる。父は小説家青木健作1933年旧制成蹊高等学校文科甲類卒業。1936年東京帝国大学文学部国文科卒業。お茶の水女子大学教授、1976年定年退官、名誉教授、聖心女子大学教授、1984年実践女子大学学長。1988年退職。日本中世・近世文学、特に松尾芭蕉を研究。1988年春、勲二等瑞宝章受勲。

著書[編集]

  • 『日本文学史攷』 修文館、1941年。
  • 『国文学の再建 理論と方法』 育英書院、1942年。
  • 宗祇論』 三省堂、1944年。
  • 『旅と日本文学』 成武堂、1944年。
  • 『詩人良寛』 美和書房、1946年。
  • 『おくの細道新解』 明治書院、1951年。
  • 『日本文学年表』 明治書院、1952年。
  • 『俳文藝の論』 明治書院、1953年。
  • 『奥の細道』 弘文堂アテネ文庫〈古典解説シリーズ〉、1954年。
  • 『奥の細道をたどる』上下、角川新書、1957年。1957年、角川選書, 1973年(改訂 全1巻)
    • 『おくのほそ道をたどる』上下、角川文庫、1984年。   
  • 『俳句風土記 名句の跡をたずねて』 社会思想社〈現代教養文庫〉、1963年。
  • 小林一茶』 ポプラ社〈世界伝記全集〉、1967年。
  • 『芭蕉=その人生と芸術』 講談社現代新書、1968年。
  • 『宗祇 浪曼と憂慮 日本の旅人』 淡交社、1974年。 
  • 『芭蕉 旅ごころ』 読売選書、1976年。
  • 『芭蕉入門』 講談社学術文庫、1978年。
  • 『芭蕉の文学の研究』 角川書店、1978年。
  • 『良寛』上下、講談社学術文庫、1978年。
  • 『季語の研究』 古川書房、1981年。
  • 『芭蕉と俳諧史の研究』 角川書店、1984年。
  • 『季節のことば 私の季語手帖』 小学館、1987年。
    • 『私の季語手帖』 小学館ライブラリー、1998年。
  • 『芭蕉とその方法』 角川選書、1993年。
  • 『季語淡彩』 小学館、1994年。
  • 『名句鑑賞十二か月』 小学館、1998年。

句集[編集]

  • 『遅日の街』 永田書房、1977年。
  • 『流水抄』 角川書店、1980年。
  • 『井本農一集』 俳人協会、1999年。

共編著・校訂[編集]

  • (編) 『源氏物語とその人々』 紫乃故郷舎、1949年。
  • (編) 『芭蕉をめぐる人々』 紫乃故郷舎、1953年。
  • 関克己共校註 『良寛歌集 年代別』 角川文庫、1959年。
  • 原岡秀人共著 『奥の細道総索引』 明治書院、1962年。
  • 『為朝物語』 岩崎書店〈少年少女日本古典物語全集〉、1964年。
  • 『太平記』 ポプラ社〈古典文学全集〉、1966年。
  • 『芭蕉の世界』 小峰書店〈文学の世界シリーズ〉、1968年。
  • 東海林隆共著 『奥の細道』 明治書院〈古典アルバム〉、1970年。
  • 『宇治拾遺物語 けちんぼ長者ほか』 学灯社〈小学生の日本古典全集〉、1971年。
  • 堀信夫,村松友次共校注・訳 『日本古典文学全集 松尾芭蕉集』 小学館、1972年。
  • 川崎展宏, 堀信夫共編 『俳句のすすめ 古典と現代の詩精神をつなぐ』 有斐閣選書、1976年。
  • 堀信夫共編 『古典俳句を学ぶ』 有斐閣選書、1977年。
  • 壇上正孝共編 『芭蕉紀行総索引』下、明治書院、1977年。
  • 堀信夫共著 『文人書譜 10.芭蕉』 淡交社、1979年。
  • 今泉準一共著 『連句』 大修館書店、1982年。
  • 編著 『作歌・作句』 放送大学、1986年。
  • 尾形仂 『近世四季の秀句』 角川書店、1998年。

記念論集[編集]

  • 『俳文芸の研究 井本農一博士古稀記念』 角川書店、1983年。