霜月りつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
霜月 りつ
誕生 11月22日
日本の旗 富山県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

霜月 りつ(しもつき りつ、11月22日)は、日本小説家

来歴[編集]

富山県生まれ。駒澤大学卒業。大学卒業後に編集者、ライターを経て作家デビューを果たす。少女・女性向けの作品やホラー作品などを別名で執筆[1]

2014年に初の時代小説『おとぼけ同心と小町姉妹 ギヤマンの花』を刊行[2][3]。富山市在住[4][5][6]

『神様の子守はじめました。』は季野このきによりコミックシリーズ化された(2018年、KADOKAWA、全3巻)。

作品[編集]

  • 『おとぼけ同心と小町姉妹 ギヤマンの花』コスミック出版 2014年8月
  • 『おとぼけ同心と小町姉妹 雪坂の決闘』コスミック出版 2014年12月
  • 『おとぼけ同心と小町姉妹 夫婦桜』コスミック出版 2015年4月
  • 『若さま人情帖 颯爽!龍之介登場』コスミック出版 2015年9月
  • 『若さま人情帖 うそつきの涙』コスミック出版 2016年2月
  • 『若さま人情帖 さらば龍之介』コスミック出版 2016年6月
  • 『神様の子守はじめました。』コスミック出版 2015年11月
  • 『神様の子守はじめました。<2>』コスミック出版 2016年5月
  • 『神様の子守はじめました。<3>』コスミック出版 2016年7月
  • 『神様の子守はじめました。<4>』コスミック出版 2016年11月
  • 『神様の子守はじめました。<5>』コスミック出版 2017年3月
  • 『神様の子守はじめました。<6>』コスミック出版 2017年7月
  • 『神様の子守はじめました。<7>』コスミック出版 2017年11月
  • 『神様の子守はじめました。<8>』コスミック出版 2018年4月
  • 『神様の子守はじめました。<9>』コスミック出版 2018年10月
  • 『神様の子守はじめました。<10>』コスミック出版 201 年 月
  • 『漫画家の明石先生は実は妖怪でした。』三交社 2018年2月
  • 『えんま様の忙しい49日間』小学館 2018年6月
  • 『明日、世界(キミ)が消える前に』ポプラ社 2018年9月
  • 『本屋のワラシさま』早川書房 2019年 月
  • 『託児処の巫師さま : 奥宮妖記帳』新紀元社 2019年 月
  • 『えんま様のもっと!忙しい49日間 : 新宿発地獄行き』小学館 2020年 月
  • 『神様の用心棒 : うさぎは闇を駆け抜ける』マイナビ出版 2020年 月
  • 『百華後宮鬼譚 目立たず騒がず愛されず、下働きの娘は後宮の図書宮を目指す』ポプラ社 2021年2月

アンソロジー収録作品[編集]

別名義作品[編集]

あらき りつこ 名義

白雪 真朱 (しらゆき )名義

  • 『ベリーベリーラズベリーと嘘吐き伯爵』コスミック出版 2012年
  • 『忘れな姫と黒の騎士 淫らな身体は甘い夢に喘ぐ』コスミック出版 2013年
  • 『ロマンスは船の上で 低気圧伯爵とラジオ娘』コスミック出版 2014年

真坂 たま (まさか たま)名義

  • 『あたしの中の王子さま』富士見ミステリー文庫 2002年8月
  • 『見知らぬ友人』パブリッシングリンク 2010年
  • 『悪魔の飼い方 完全版』パブリッシングリンク 2013年
  • 『シンデレラは踊らない』パブリッシングリンク 2013年
  • 『ワケあり物件 契約中 カリスマ占い師と不機嫌な恋人』竹書房 2016年

白城 るた 名義

  • 『きっとハッピーエンド』角川ルビー文庫 1997年1月
  • 『そしてアイラブユー』角川ルビー文庫 1997年7月
  • 『たとえばそれが恋なら』角川ルビー文庫 2000年2月
  • 『ぎゅっ!とホールドミー』角川ルビー文庫 1998年6月
  • 『だからフォーリンラブ』角川ルビー文庫 1998年1月

上杉 ぽぷら 名義

  • 『コスプレでごめんね』Honey i's novel (オークラ出版) 2001年8月

工藤 イルマ 名義

  • 『兄の愛人、彼の恋人』

六本木 曜 (ろっぽんぎ よう)名義

  • 『非常階段』アクアノベルズ (オークラ出版) 2004年4月
  • 『金曜日に濡れてもいい』オークラ出版 2004年9月
  • 『君に溺れる』オークラ出版 2005年2月

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 新潮社. “真坂たま”. 2021年1月8日閲覧。
  2. ^ 紀伊國屋書店. “著者紹介「おとぼけ同心と小町姉妹 -ギヤマンの花」2014”. 2021年1月8日閲覧。
  3. ^ ダ・ヴィンチニュース. “霜月りつ”. 2021年1月8日閲覧。
  4. ^ mangaseek. “霜月りつ”. 2021年1月8日閲覧。
  5. ^ 小学館. “霜月りつ”. 2021年1月8日閲覧。
  6. ^ スカイハイ文庫. “霜月りつ”. 2021年1月8日閲覧。

 

外部リンク[編集]