電能実業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
電能実業
企業形態 上場企業 (SEHK6)
業種 電力
設立 1976年
本社 香港
主要人物 大株主:李嘉誠
会長:霍建寧
製品 給電
従業員数 約2000人
ウェブサイト powerassets.com
テンプレートを表示
香港電灯センター

電能実業(でんのうじつぎょう、英語: Power Assets Holdingsパワーアセッツ・ホールディングス中国語: 電能實業、元名香港電灯)は、香港の長江グループ系長江インフラの傘下電力事業投資会社である。[1]

元々香港島ラマ島を対象として、独占電力事業を経営しているのが、2000年から海外電力業務も進出し、中国大陸オーストラリアニュージーランドタイイギリスカナダ電力ガスインフラストラクチャー事業を展開していた。[2]

海外事業拡大に伴い、2011年に香港電灯から電能実業へ社名変更した時、香港電灯は電能実業の子会社になった。[2]2014年、電能実業は香港電灯を分離し、株式公開によって港燈電力投資SEHK2638)の名で上場した。[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 電能実業有限公司
  2. ^ a b 電能実業 パワー・アセッツ・ホールディングス
  3. ^ 電能実業、株主が香港電灯の分離上場を承認