陳耀ヨウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「陳耀燁」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

陳 耀燁(ちん ようよう、陈耀烨、チェン・ヤオエ、1989年12月16日 - )は、中国囲碁棋士北京市出身、中国囲棋協会所属、九段。LG杯世界棋王戦準優勝などにより、17歳で史上最年少の九段昇段。天元戦8連覇、春蘭杯世界囲碁選手権戦百霊愛透杯世界囲碁オープン戦優勝など。周睿羊らとともに、古力ら小虎世代に続く小豹世代と呼ばれる。

経歴[編集]

1998年に北京大宝少年隊に入る。1998、1999年、全国少年集中訓戦に優勝。2000年入段。2002年三段昇段、全国少年戦A組優勝、国家少年隊入りする。同年、北京チーム選手となり、2003年から甲級リーグ戦に参加、この年の成績は8勝14敗。同年世界青少年囲碁選手権大会青年の部優勝。2005年、全国囲棋個人戦優勝。2006年LG杯世界棋王戦で、李昌鎬邱峻らを破り16歳で決勝進出するが、決勝三番勝負で古力に2-3で敗れて準優勝。同年招商銀行杯中国囲棋電視快棋戦に準優勝し、2007年テレビ囲碁アジア選手権に出場して準優勝。世界戦準優勝2回の規定により17歳5ヶ月で九段昇段し、馬暁春の19歳という最年少九段の記録を塗り替えた[1]

2009年には天元戦6連覇中の古力に挑戦して、2-0でタイトル獲得、以後8連覇。2013年春蘭杯で李世乭を2-1で破り世界戦初優勝、名人戦で檀嘯に挑戦して3-1でタイトル獲得し以後2連覇。2016年百霊愛透杯世界囲碁オープン戦に優勝し、世界戦2度目の優勝。

甲級リーグ戦では2003年から北京チームで出場。2917年に優勝を果たし、19勝7敗の成績で最多勝、最優秀主将、MVP獲得。中国棋士ランキングでは、2007年に13位、2009年3位、2012年1位。

タイトル歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

[編集]

外部リンク[編集]