鈴木道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鈴木道雄
Michio Suzuki.jpg
スズキ歴史館所蔵 鈴木道雄像
生誕 (1887-02-18) 1887年2月18日
靜岡縣濱名郡芳川村大字鼠野(現在の浜松市南区鼠野町)
死没 (1982-10-27) 1982年10月27日(95歳没)
静岡県浜松市中区
国籍 日本の旗 日本
別名 鈴木式織機製作所鈴木自動車工業(スズキ)創業者
教育 芳川村尋常小学校補習科卒業
子供 鈴木俊三(娘婿)など
鈴木マチ(実母)
業績
専門分野 織機開発、自動車開発、オートバイ開発
所属機関 鈴木式織機製作所、鈴木自動車工業
勤務先 鈴木式織機製作所、鈴木自動車工業
成果 足踏み式織機の発明、鈴木自動車工業の設立
受賞歴 勲二等旭日重光章藍綬褒章

鈴木道雄(すずきみちお、Michio Suzuki、1887年2月18日 - 1982年10月27日 )は、日本大工発明家技術者実業家自動車メーカースズキを一代で築き上げた初代代表取締役社長及び相談役で、同郷(現在の浜松市)出身の本田宗一郎と同じく、日本を代表する自動車メーカー創業者の一人として知られる。

人物略年譜[編集]

エピソード[編集]

  • 親方の下で日々修業に専念するも、3年目の17歳の時に日露戦争が勃発した。この戦争の影響で建築の仕事が殆ど無くなり、今村親方が大工から織機製作への業種転換を図った。それに伴い道雄も、織機製作の知識と技術を習得する事になる。※師匠の今村は、当時の主要輸出品だった繊維業に目を向け、足踏み式織機の製作に転向した。
  • 身長が低く徴兵検査の規定に満たなかった事から、第2次補充兵に編入されたのも幸いして事業に専念する事が出来た。数日を費やして1台の木鉄混成の足踏み式織機第1号を完成させ、実母のマチに贈った。
  • 鈴木式織機の発明など、特許実用新案は120件余りに上るが、織機の製造だけでは満足出来ず、新分野への進出を夢見ていた。それが、後々の自動車開発に繋がっている。
  • 1950年(昭和25年)に日本各地で労働争議の嵐が吹き荒れた時、スズキは資金繰りが悪化した。当時社長の道雄は、豊田自動織機石田退三社長を頼り、資金2000万円の融資を受けて経営悪化を乗り切った。

系譜[編集]

鈴木氏
実父━━━マチ(実母)
   ┃
   ┣━━━━━長男
   ┃
   ┗━━━━━道雄━━━正妻 
            ┃
             ┣長女━━━俊三(娘婿)
                        ┃      ┃
                        ┣次女 ┗祥子(長女)━━━修(娘婿)
                        ┃           ┃
                        ┗三女━━實治郎(娘婿) ┣長女━━━小野浩孝(長女婿)
                        ┃
                        ┗俊宏(長男)

  • 鈴木俊三 - 鈴木自動車工業2代目代表取締役社長、鈴木道雄の長女婿
  • 鈴木實治郎 - 鈴木自動車工業3代目代表取締役社長、鈴木道雄の三女婿
  • 鈴木修 (実業家) - 旧姓松田、現スズキ会長兼CEO
  • 小野浩孝 - 元取締役専務役員、鈴木修の長女婿、2007年当時の次期社長候補、2007年12月12日膵臓癌で死去
  • 鈴木俊宏 - 現スズキ代表取締役社長、鈴木修の長男

内部リンク[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
鈴木道雄
スズキ相談役
第1代 : 1957年 - 1982年
次代:
鈴木俊三
先代:
鈴木道雄
スズキ社長
第1代 : 1920年 - 1957年
次代:
鈴木俊三