鈴木道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずき みちお
鈴木 道雄
Suzuki-Michio-bronze-statue.jpg
スズキ歴史館所蔵鈴木道雄像
生誕 鈴木道雄(すずきみちお)
1887年2月18日
靜岡縣濱名郡芳川村鼠野(現在の浜松市南区鼠野町)
死没 (1982-10-27) 1982年10月27日(95歳没)
静岡県浜松市中区
国籍 日本の旗 日本
別名 鈴木式織機製作所(スズキ)創業者
出身校 不明
職業 スズキ代表取締役社長相談役
団体 鈴木式織機製作所社長
鈴木式織機・発明者
受賞 勲二等旭日重光章
藍綬褒章

鈴木 道雄(すずき みちお、1887年2月18日 - 1982年10月27日 )は、日本の大工、発明家、エンジニア、実業家。自動車メーカースズキを一代で築き上げた同業他社の本田宗一郎と並ぶ創業者で、旧鈴木自動車工業(株)の元代表取締役社長、元相談役である。

鈴木式織機製作所創業前[編集]

  • 1887(明治20)年2月18日農家32戸の農村である靜岡縣濱名郡芳川村(現在の浜松市南区鼠野町)の農家の次男として誕生した。
  • 学問の神と讃えられる「菅原道真」の字をとって「道雄」と名付けられた。7~8歳になった頃から両親の手伝いで綿摘みをし、機織の音を聞きながら育った。
  • 生まれ付き器用だった道雄は、14歳のとき請負師(現在で言う一級建築士と大工の棟梁の兼務)になろうと決心し、今村幸太郎親方の下に弟子入りして7年間修業した。
  • 厳しい指導で知られた今村親方の下で修業に専念するも、修業を始めた3年目の17歳の時に日露戦争が勃発した。
  • 戦争の影響で建築の仕事が殆ど無い中、親方の業種転換に伴い、道雄も織機製作の知識と技術を習得することになる。(師匠の今村は、当時の主要輸出品だった繊維業に目を向け、足踏織機の製作に転向した。)
  • 1908(明治41)年に修業を終えた21歳の道雄は、足踏織機の需要が高まっていることに着目し自ら織機を製作した。これが後の鈴木式織機製作所創業の礎となる。
  • 浜名郡天神町村字上中島上新田に借り受けた土地に生家から貰い受けた二階建ての室を移築し工場として改築、ここを拠点に事業を開始した。
  • 身長が徴兵検査の規定に満たなかったことから、第二次補充兵に編入されたことも幸いして事業に専念する事が出来た。数日を費やして1台の木鉄混成の足踏織機第1号を完成させ、実母のマチに贈った。

鈴木式織機製作所創業後[編集]

  • 1909(明治42)年スズキの母体となる鈴木式織機製作所を創業する。鈴木式織機の発明など、特許や実用新案は120件余りに上る。織機を製造だけでは満足出来ず、新分野への進出を夢見ていた。
  • 自動車開発にも取り組み、1936(昭和11)年試作車を完成させたが、戦争のため研究と開発が中断するも、戦後に開発を再開する。後にオートバイの開発も行い、パワーフリー号、ダイヤモンドフリー号、コレダ号とオートバイ製造を進め人気を博した。

鈴木自動車工業社名変更後[編集]

  • 戦後に再開した軽4輪の開発は、1954(昭和29)年試作車を完成させた。同年鈴木自動車工業株式会社に社名変更し、翌年1955(昭和30)年に軽四輪「スズライト」を発表した。1957年2月に娘婿の鈴木俊三(2代目社長)へ社長職を譲り、相談役に就任する。その後、1982(昭和57)年に逝去した。

内部リンク[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
鈴木道雄
スズキ相談役
第1代 : 1957年 - 1982年
次代:
鈴木俊三
先代:
鈴木道雄
スズキ社長
第1代 : 1920年 - 1957年
次代:
鈴木俊三