鈴木通夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木通夫
生誕 (1926-10-02) 1926年10月2日
死没 1998年5月31日(1998-05-31)(71歳)
研究分野 有限群
研究機関 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校
出身校 東京大学
論文 単純群LF(2, p)の一つの特徴付け (1953)
博士課程
指導教員
彌永昌吉
主な業績 鈴木群英語版散在鈴木群英語版の発見
ブラウアー・鈴木の定理英語版
影響を
受けた人物
岩澤健吉
リチャード・ブラウアー英語版
主な受賞歴 日本学士院賞「有限群の研究」
プロジェクト:人物伝

鈴木 通夫(すずき みちお、1926年10月2日 - 1998年5月31日)は、日本数学者バーンサイド予想英語版を解決しようとした。鈴木群英語版と呼ばれる(位数が3で整除されないすべての)非可換有限単純群の無限系列や、散在型有限単純群英語版の1つである散在鈴木群英語版を発見した。千葉県千葉市出身。

東京大学理学部数学科卒業後、有限群論の研究を開始。1953年からその死までイリノイ大学の教授となった。またシカゴ大学プリンストン高等研究所パドヴァ大学でも客員研究員となっている。1951年に日本を離れてアメリカに移っていたが1953年に東京大学より博士号を受けている。

外部リンク[ソースを編集]