鈴木實治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき じつじろう
鈴木 實治郎
生誕 1913年
日本の旗 静岡県志太郡
死没 1994年
国籍 日本の旗 日本
出身校 浜松高等工業学校卒業
職業 逓信官僚
実業家
親戚 鈴木道雄岳父

鈴木 實治郎(すずき じつじろう、1913年 - 1994年)は、日本逓信官僚実業家旧姓中西(なかにし)。

逓信省での勤務を経て、鈴木自動車工業株式会社社長(第3代)、鈴木自動車工業株式会社会長(第2代)などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1913年に生まれ、静岡県志太郡にて育った。浜松高等工業学校に進学し、1934年に卒業した。卒業後は逓信省に入省し、日本発送電に関する案件などを手掛けた。このころ、実業家鈴木道雄三女との縁談が持ち上がった。1940年、道雄の三女と結婚に伴い、逓信省を退官して道雄が経営する鈴木式織機に入社した。

実業家として[編集]

1954年、鈴木式織機は鈴木自動車工業に改組されるが、引き続き勤務した。1957年2月、岳父の鈴木道雄が社長を退任して相談役となり[1]、實治郎の義兄であり道雄の養嗣子である鈴木俊三が後任の社長に就任することになったため[1]、以降は俊三を支えた。1973年5月、俊三が社長を退任して初代会長に就任することになり[2]、その後任として第3代社長に就任した[2]1978年6月、社長を退いて第2代会長に就任した[2]。後任の社長には、實治郎の義甥であり俊三の養嗣子である鈴木修が就いた[2]1983年6月、会長を退任するとともに[3]取締役を辞した[3]1994年に死去した。

家族・親族[編集]

鈴木家はスズキの創業家として知られており、多くの実業家を輩出している。鈴木實治郎の岳父である鈴木道雄鈴木式織機製作所を創業し、のちに鈴木式織機を経て鈴木自動車工業を設立した実業家である。實治郎は道雄の三女と結婚し、鈴木自動車工業の第3代社長を務めた。そのほか、鈴木自動車工業の第2代社長を務めた鈴木俊三は道雄の長女と結婚しているため實治郎の義姉にあたり、鈴木自動車工業の第4代社長、および、スズキの初代社長を務めた鈴木修は俊三の長女と結婚しているため實治郎の義姪の夫にあたるなど、著名な係累縁者が多数存在するため、下記の一覧では實治郎の親族に該当する者のみ記載した。

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
鈴木道雄
 
道雄の三女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鈴木實治郎
 
 
 
 
 
 
 
  • 赤地に太字が本人である。
  • 係累縁者が多いため、鈴木實治郎の親族に該当する著名人のみ氏名を記載した。

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「1909年〜」『沿革|スズキスズキ
  2. ^ a b c d e f 「1970年〜」『沿革|スズキスズキ
  3. ^ a b 「1980年〜」『沿革|スズキスズキ

関連項目[編集]

ビジネス
先代:
鈴木俊三
鈴木自動車工業会長
第2代:1978年 - 1983年
次代:
稲川誠一
先代:
鈴木俊三
鈴木自動車工業社長
第3代:1973年 - 1978年
次代:
鈴木修