釐王 (周)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
釐王
王朝
在位期間 前681年 - 前677年
都城 王城(洛邑)
姓・諱 姫胡斉
諡号 釐王
僖王
生年 不詳
没年 前677年
荘王

釐王[1](きおう、? - 紀元前677年)は、中国春秋時代の王。姓は姫、名は胡斉。

生涯[編集]

周の荘王の子として生まれた[2]。父王から寵愛を受けられず、異母弟の王子頽中国語版(姫頽)と対立していた[要出典]紀元前682年、荘王が死去すると、釐王は後を嗣いで周王として即位した[2]

釐王は文武の制度を変更し、黒と黄の華麗な飾りを作り、宮室を広壮にし、輿や馬を贅沢なものにしたため、孔子に非難された[3]と伝わる。

紀元前678年、釐王は虢公を派遣して曲沃の武公に策命し、侯に封じた[4]

紀元前677年、釐王は死去し、子の姫閬(恵王)が後を嗣いだ[2]

脚注[編集]

  1. ^ 史記』周本紀による。『春秋左伝正義』昭公26年所引『世本』によると、僖王。
  2. ^ a b c 史記』周本紀
  3. ^ 孔子家語』六本篇
  4. ^ 春秋左氏伝』荘公16年