穆王 (周)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
穆王
5王
王朝
在位期間 前985年? - 前940年
都城 鎬京
姓・諱 姫満
生年 不詳
没年 前940年
昭王

穆王(ぼくおう)は周朝の第5代

昭王の子であり、昭王がへの遠征途上で行方不明になったことより仮に王位に即位、その後に昭王の死が判明したので正式に即位した。

彼は中国全土を巡るのに特別な馬(穆王八駿)を走らせていたと言われる。すなわち、土を踏まないほど速い「絶地」、鳥を追い越す「翻羽」、一夜で5,000km走る「奔霄」、自分の影を追い越す「越影」、光よりも速い「踰輝」と「超光」、雲に乗って走る「謄霧」、翼のある「挟翼」の8頭である。穆王はこの馬を駆って犬戎ら異民族を討った。

また、司寇(司法官の長)である呂侯に命じて『呂刑』と呼ばれる刑法を定めて社会の安定を図ろうとしたが、その3千と言われる罪状の多さに却って諸侯や民衆の反感を買った。

また彼は西の彼方にある、神々が住むとされた崑崙山にも立ち寄り西王母に会い、西王母が後に入朝したと言う。このことは穆天子伝としてまとめられている。神話、伝説の要素を多く含む中国最古の旅行記である。