定王 (周)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
定王
王朝
在位期間 前607年 - 前586年
都城 王城(洛邑)
姓・諱 姫瑜
生年 不詳
没年 前586年
頃王
后妃 定后

定王(ていおう、? - 紀元前586年)は、中国春秋時代の王。姓は姫、名は瑜。

生涯[編集]

周の頃王の子として生まれた[1]紀元前607年10月乙亥、兄の匡王が死去する[2]と、定王は後を嗣いで周王として即位した[1]

紀元前606年春、荘王が大軍を率いて陸渾の戎を討ち、洛水に達した。定王が王孫満を派遣してねぎらわせると、荘王は周の九鼎の軽重を訊ねた。王孫満は天命がまだ革まっていないとして、回答を拒否したので、荘王はあきらめて楚軍を撤兵させた[3]

紀元前603年夏、定王は子服を派遣してに王后を求めさせた。冬、召桓公が斉から王后を迎えた[4]

紀元前600年、定王は使者を魯に派遣した。魯の仲孫蔑が使節として周に赴いた[5]

紀元前599年、定王は劉康公を魯に派遣した[6]

紀元前593年景公士会を派遣して周王室の内紛を調停させた。定王は士会を饗応した[7]

紀元前586年11月己酉、定王は死去し[8]、子の姫夷(簡王)が後を嗣いだ[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 史記』周本紀
  2. ^ 春秋』宣公2年
  3. ^ 春秋左氏伝』宣公3年
  4. ^ 『春秋左氏伝』宣公6年
  5. ^ 『春秋左氏伝』宣公9年
  6. ^ 『春秋左氏伝』宣公10年
  7. ^ 『春秋左氏伝』宣公16年
  8. ^ 『春秋』成公5年