平王 (周)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平王
第13代王
王朝
在位期間 前771年 - 前720年
都城 王城(洛邑)
姓・諱 姫宜臼
生年 不詳
没年 前720年
幽王

平王(へいおう)は、周朝の第13代王。平王の時代より周は東周と称されるようになる。子は太子洩父、王子狐、王子烈ら[1]

宜臼は元来幽王の太子であったが、褒姒が後宮に入り寵愛を受け、伯服を儲けると、廃太子され、宜臼は申へ逃れた。母であり同じく廃后された申后の父である申侯はこれに怒り、幽王が悪戯で烽火を用い諸侯を集め、それにより諸侯の信頼を失っていた機に乗じ、西方の犬戎と協力して幽王を攻撃した。前771年、幽王と伯服は驪山において殺害され、褒姒も犬戎により連れ去られ、ここに西周は滅亡した。

父幽王が非業の死を遂げた後は、廃太子されていた宜臼は外祖父の申侯、繒侯、許の文公、従父の武公などの諸侯によって、申にて即位させた。しかし、都城である鎬京は戦乱で荒廃していたため、紀元前770年に洛邑(現在の洛陽)の王城に遷都し、東周が始まった。以後も鎬京には兄弟である携王一派が存在して おり、前759年にこれを倒し、東西分裂していた周を統一した。

平王は51年の在位の後に崩御した。太子洩父は夭折しており、太子の子である林が王太孫となり、祖父の後を継いで王位を継承した(桓王)。

脚注[編集]

  1. ^ 春秋左氏伝』より