野崎舞夏星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野崎 舞夏星(のざき まなほ、1996年7月17日[1] - )は、日本女子相撲選手である。静岡県浜松市出身[1]で、静岡県立浜松西高等学校[2]立命館大学スポーツ健康科学部[3][4]を卒業し、フジテレビ社員[5]となる。

人物歴[編集]

レスリングを嗜む兄の影響でレスリングを始め[6]、幼い頃の夢は「プロレスラーになること」であった[7]。小学校2年時に、指導を受けるレスリングクラブから力をつけるために相撲を薦められ相撲の魅力を知り[8]、小学4年で地元企業の相撲クラブに入る[9]

わんぱく相撲を皮切りに、小学校から中学生時代にかけて静岡県大会や他県の大会で好成績をおさめて優勝を多く記録した。静岡県相撲連盟の県相撲番付では、2009年度は小結[10]2010年度・2011年度は関脇[11][12]2012年度・2013年度は大関に昇進している[13][14]

2013年から2014年にかけては大阪府堺市の国際女子相撲選抜堺大会で2連覇を達成[15]。同2014年には台湾高雄市で開催された第4回世界女子ジュニア相撲選手権大会の軽量級で優勝し、高校生にして初の世界一の座をつかんだ[16][17]。軽量級で日本人が世界一になったのは、野崎が初めてである[17]

2015年9月時点で身長160センチメートル (cm) で体重60キログラム kg[17]と女子相撲選手としては比較的小柄な体格だが、足腰の強さと素早い当たりを身上とした[18]

相撲の傍らでレスリングも続け、中学2年時にレスリング中部日本大会で優勝した。レスリング教室で年少の子供たちを指導した[1][8]。高校では柔道部に所属した。レスリングや柔道で培った投げ技を相撲にも活かし[19][20]、特に下手投げ掬い投げを得意とした[21]2013年12月時点でアマチュア相撲初段の腕前で[20]、足腰の強さに加え、臨機応変な対応や技の覚えの速さを評価されている[20]

この優れた競技センスによりレスリング界や柔道界からも有力選手としてオファーがあったが[22]、世界女子ジュニア相撲選手権大会以後は相撲に専念した[17]

2013年5月に日本テレビの番組『未来シアター』で特集されたことで知名度が上昇[6][23]した。実力に加えて「美少女アスリート[1]」「かわいすぎる力士」としてスポーツファンよりは、スポーツ自体にはさほど興味がないネットユーザーの間で話題となり[22]、女性格闘家たちの写真集『闘う女たち』でも取り上げられる[24][23]ほど知られる存在となった。

2015年立命館大学スポーツ健康科学部[25]へ進学。当初、立命館大の先輩である山中未久[26]に苦戦を強いられたが、同年6月の全国女子相撲選抜ひめじ大会決勝で山中に初勝利、大学生活での初優勝も果たした[3]。同年7月の全日本女子相撲郡上大会の団体戦(3人1組)では大将として山中とともに出場し、優勝[17]。同年8月に国別対抗の世界女子相撲選手権大会が堺市で開催されたが、日本代表に選抜されず出場の機会が得られなかった[17]2018年7月の全国学生女子相撲選手権では個人戦・団体戦ともに優勝したが[27]、同年10月の全日本女子相撲選手権では一回戦負けに終わった[28]

2019年3月に立命館大学を卒業[29]卒業論文のテーマは「スポーツ競技発展のためのマスコミの役割」で、メディア関係への就職であることをインタビューで明かしている。社会人になっても女子相撲に関わり、将来的には選手としての復帰を望んでいると話した[30]。同年8月には、第一回わんぱく相撲女子全国大会Youtube生中継の解説者を務めている[31]

2020年9月にフジテレビのスポーツニュース『S-PARK』の特集「もうひとつの『2020夏 僕らの甲子園。』」のディレクターの一人としてインタビューに応じた。「S-PARK」『Live News α』のオンエア業務にもついているなかで、作新学院女子硬球部の取材を4ヶ月にわたって行ったという[5]。同年12月のインタビューによると、スポーツ部のADをしており、スポーツ番組のディレクターになることを目標としている。相撲との関わり方については「相撲は完全に辞めたわけではないんです。ただ、本格的にやろうとすると、どうしても大会に出て結果を出すことを意識しますし、仕事を辞めて相撲一筋でやりたいということになってしまいます。でも、今はそこまでの思いはなくて、小さい子たちに指導するという目的で関わりたいと思っています」と話している[32]

主な戦績[編集]

  • 2008年6月 - 第17回わんぱく相撲静岡県大会 女子5・6年 優勝[33]
  • 2009年7月 - 第12回静岡県女子相撲選手権大会 小中学生無差別 優勝[34]
  • 2010年9月 - 第1回全日本女子相撲郡上大会 中学生軽量級 優勝[35]
  • 2010年10月 - 第15回全日本女子相撲選手権大会 中学生軽量級 優勝[36]
  • 2011年8月 - 第2回全日本女子相撲郡上大会 中学生軽量級 優勝[37]
  • 2011年10月 - 第16回全日本女子相撲選手権大会 中学生50キロ未満級 優勝[38]
  • 2013年4月 - 第1回国際女子相撲選抜堺大会 軽量級 優勝[8]
  • 2014年4月 - 第2回国際女子相撲選抜堺大会 軽量級 優勝[9]
  • 2014年8月 - 世界女子ジュニア相撲選手権大会 軽量級 優勝[2]
  • 2014年10月 - 全日本女子相撲選手権大会 軽量級 優勝[39]
  • 2015年6月 - 第1回全国女子相撲選抜ひめじ大会 優勝[3]

受賞歴[編集]

  • 2007年9月 - 第31回ジュビロ磐田杯争奪磐田市民相撲大会 女子の部 最優秀選手賞[40]
  • 2014年6月 - 静岡県体育協会第55回体育章 優秀選手賞[41]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 文藝春秋 2013, p. 96
  2. ^ a b 中日新聞 2014, p. 24
  3. ^ a b c 大宮健司 (2015年6月29日). “「国技を五輪競技に」“相撲女子”が描く夢…野崎舞夏星さん”. 産経新聞 (産業経済新聞社): p. 1. https://www.sankei.com/article/20150629-3QFZXI3JDNLCDK5XLMKMDITPDE/ 2015年7月11日閲覧。 
  4. ^ 野崎舞夏星 女子相撲選手
  5. ^ a b 女子相撲世界一&プロ野球選手の妹!2年目の女性ディレクター2人のデビュー作にかける思い” (日本語). フジテレビュー!!. 2020年9月12日閲覧。
  6. ^ a b 革新者「野崎舞夏星」”. 未来シアター. 日本テレビ放送網 (2013年). 2015年1月5日閲覧。
  7. ^ 世界一の相撲ガールがADに。野﨑舞夏星はディレクター目指して奮闘中(2020年12月18日)|BIGLOBEニュース” (日本語). BIGLOBEニュース. 2021年11月24日閲覧。
  8. ^ a b c 佐藤 2013, p. 2
  9. ^ a b 中村 2013, p. 8
  10. ^ “2009年度県相撲番付 加藤(一般)が5度目横綱 高校は西尾が初”. 静岡新聞 朝刊 (静岡新聞社): p. 14. (2010年1月28日) 
  11. ^ “加藤(一般)4年連続横綱 高校、太田が昇進 10年度県相撲番付”. 静岡新聞 朝刊: p. 14. (2011年1月30日) 
  12. ^ “加藤(一般)5年連続横綱 高校は小沢が初 2011年度県相撲番付”. 静岡新聞 朝刊: p. 12. (2012年1月27日) 
  13. ^ “加藤(一般)横綱の座守る 12年度高校は兼平が躍進 県相撲番付”. 静岡新聞 朝刊: p. 11. (2013年2月6日) 
  14. ^ “加藤(一般)7年連続横綱 高校は久保が初 県相撲番付”. 静岡新聞 朝刊: p. 10. (2014年2月12日). オリジナルの2014年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140307054540/http://www.at-s.com/sports/detail/939486250.html 2015年4月9日閲覧。 
  15. ^ “3階級、県勢がV 野崎さん(浜松西高3)連覇 国際女子相撲選抜”. 静岡新聞 朝刊: p. 17. (2014年4月21日). オリジナルの2015年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2015-0110-0609-17/www.at-s.com/sports/detail/1012819204.html 2015年1月10日閲覧。 
  16. ^ 相撲世界選手権、アジア選手権で静岡県勢が大活躍しました!! - Facebook
  17. ^ a b c d e f 橋本拓樹 (2015年9月26日). “女子大生力士、めざすは世界の頂点 小柄だけど技で勝負”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASH9345WWH93PLZB00F.html 2016年3月2日閲覧。 
  18. ^ “37キロで全国の強豪倒す 浜松西高中等部の野崎さん、女子相撲準Vを教育長に報告”. 静岡新聞 2浜 朝刊: p. 21. (2009年10月28日) 
  19. ^ 浜松市(静岡)”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2014年). 2015年1月3日閲覧。
  20. ^ a b c 高田 2013, p. 25
  21. ^ “相撲ガール 小柄でも強力 浜松の高2 野崎舞夏星 あす国際大会「無差別級で力試す」”. 中日新聞 静岡版 夕刊 (中日新聞社): p. 4. (2013年4月20日) 
  22. ^ a b 久保田太陽 (2014年8月7日). “その美貌はアイドル級 18歳美少女力士がかわいすぎると話題”. Aolニュース (AOLジャパン): pp. 1-2. http://news.aol.jp/2014/08/07/sumo/?ncid=jpLNewsCL 2014年12月31日閲覧。 
  23. ^ a b “女子相撲・野崎舞夏星ほか、話題の女子アスリートの素顔に密着した写真集「闘う女たち」が発売”. 週プレNEWS (集英社). (2013年5月25日). http://wpb.shueisha.co.jp/2013/05/25/19282/ 2015年1月3日閲覧。 
  24. ^ 闘う女たち (2013年5月24日). “「闘う女たち」 Vol.1 女子相撲 野崎舞夏星選手”. 2016年2月29日閲覧。
  25. ^ プログラム | 100周年記念オール立命館校友大会”. hajimari.info. 2020年5月31日閲覧。
  26. ^ 2012年の世界女子相撲選手権大会(軽量級)で3位入賞、全国選抜女子相撲大会(軽量級)・全日本女子相撲選手権大会(中量級)で連覇の実績を持つ。同じ静岡県出身で、野崎が憧れていた選手でもあった。http://www.ritsumei.jp/pickup/detail_j/topics/13334/date/08/year/2015 http://www.ritsumei.ac.jp/sports-culture/sports/topics/detail/?id=122 http://www.ritsumei.jp/pickup/detail_j/topics/11165/date/10/year/2012 現在、立命館大学職員(相撲部コーチ)である。http://www.ritsumei.ac.jp/profile/info/back/201911/
  27. ^ 第6回全国学生女子相撲大会をレポート!” (日本語). おすもうさん(2018年7月3日). 2020年2月16日閲覧。
  28. ^ 第23回 全日本女子相撲選手権大会”. 日本女子相撲連盟. 2020年1月16日閲覧。
  29. ^ 野崎舞夏星 (2019年3月26日). “立命館大学卒業しましたpic.twitter.com/cSLwqmO6yj” (日本語). @march0717. 2020年2月16日閲覧。
  30. ^ 野崎舞夏星 女子相撲選手” (日本語). 中日新聞 CHUNICHI Web(2018年12月21日). 2020年2月16日閲覧。
  31. ^ 野崎舞夏星 (2019年8月24日). “[https://twitter.com/march0717/status/1165434462659723264 いよいよ、第1回わんぱく相撲女子全国大会が始まります! 大会の様子をYouTubeで生配信しているので、ぜひご覧下さい 私も解説に入ります!https://www.youtube.com/watch?v=T7Q82XmMK4I&feature=share …]” (日本語). @march0717. 2020年3月6日閲覧。
  32. ^ ジュニア世界一、元「女横綱」の今。野﨑舞夏星が振り返る大学時代|エンタメ|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva 4/4” (日本語). 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva(2020年12月18日). 2021年10月5日閲覧。
  33. ^ “わんぱく相撲県大会 男女38人が熱戦 静岡”. 読売新聞 朝刊 (読売新聞社): p. 31. (2008年6月23日) 
  34. ^ “県女子相撲選手権=松浦麻(日大院)が全勝V 小中学生無差別は野崎(浜松西高中等部)が制す”. 静岡新聞 朝刊: p. 12. (2009年7月28日) 
  35. ^ “県勢女性力士3人が全国大会で優勝、準Vは2人 岐阜”. 静岡新聞 朝刊: p. 17. (2010年9月16日) 
  36. ^ “県勢女性力士、全国で健闘 2階級制す 全日本女子相撲選手権”. 静岡新聞 朝刊: p. 21. (2010年10月11日) 
  37. ^ “県勢が5階級制覇 団体は準優勝、全日本選手権へ弾み 岐阜で女子相撲の全国大会”. 静岡新聞 朝刊: p. 19. (2011年9月10日) 
  38. ^ “山中さん、野崎さんV2 県勢全員3位以内 全日本女子相撲選手権”. 静岡新聞 朝刊: p. 19. (2011年10月20日) 
  39. ^ 第19回 全日本女子相撲選手権大会 大会結果 (PDF)”. 日本女子相撲連盟 (2014年10月). 2015年1月15日閲覧。
  40. ^ “会場沸く市民相撲 小兵力士も熱戦 磐田”. 静岡新聞 朝刊: p. 16. (2007年9月11日) 
  41. ^ “県体育章贈与式 30人と7チーム 静岡市で表彰 きょう”. 中日新聞 静岡版 朝刊: p. 24. (2014年6月26日) 

参考文献[編集]

  • 佐藤毅 (2013年4月27日). “女子相撲の16歳 選抜堺大会 軽量級V「一瞬の勝負」はまる”. 読売新聞 大阪夕刊 (読売新聞社) 
  • 高田誠 (2013年12月6日). “気迫で前へ、相撲女子 浜松西高2年・野崎さん、国際大会Vの実力/静岡県”. 朝日新聞 東京地方版/静岡 (朝日新聞社) 
  • 中村千春 (2013年8月9日). “はっけよいのこった 女子高生力士 浜松西高2年 野崎舞夏星さん 目指すは世界選手権優勝”. 中日新聞 夕刊 (中日新聞社) 
  • 「美少女アスリートファイル2013」『Sports Graphic Number』第34巻2号(通巻820号)、文藝春秋、2013年1月、 NCID AN1012055X
  • “女子軽量級で野崎が優勝 相撲・世界ジュニア選手権”. 中日新聞 朝刊. (2014年9月1日). オリジナルの2014年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140903002506/http://www.at-s.com/sports/detail/1141963165.html 2016年3月2日閲覧。 

外部リンク[編集]