鄭普ギョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「鄭普涇」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
獲得メダル
女子 柔道
大韓民国の旗 大韓民国
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 48kg級
世界選手権
2015 アスタナ 48kg級

鄭 普涇(チョン・ボギョン Jeong Bo-Kyeong、女性、1991年4月17日- )は、韓国晋州市出身の柔道選手。階級は48kg級。身長153cm[1][2][3]

人物[編集]

2011年のグランドスラム・東京では準決勝で日本の福見友子に敗れるも、無名選手ながら3位となった。2012年にはワールドカップ・ブダペストで国際大会初優勝を果たすが、ロンドンオリンピックには鄭貞娟がいたために出場できなかった[2]。続いてワールドカップ・ウランバートルでも優勝すると、グランドスラム・東京では準決勝で地元日本の浅見八瑠奈に敗れたが、再び3位となった[2]。2013年にはヨーロッパオープン・オーバーヴァルトで優勝を飾るが、グランプリ・デュッセルドルフでは決勝で日本の岡本理帆と対戦し終了間際に逆転の反則負けを喫して2位に終わった[2]。2014年に地元で開催されたアジア競技大会では3位だった。グランドスラム・東京では3度目の3位になった[2]。2015年には地元で開催されたユニバーシアードで優勝した[2]世界選手権では準々決勝で世界チャンピオンの近藤亜美に有効で破るものの、準決勝でアルゼンチンのパウラ・パレトから指導1を先取しながら有効を取られて逆転負けしたが3位になった[4]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは韓国女子としてオリンピックで20年ぶりとなる決勝進出を果たしたが、パレトに小内刈の技ありで敗れて銀メダルに終わった[1][5]。2017年の世界選手権には出場しなかった[3]

IJF世界ランキングは3092ポイント獲得で4位(18/2/5現在)[6]

主な戦績[編集]

(出典[3]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]