都鍾煥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
都鍾煥
도종환 국회 교육문화체육관광위원회 간사.jpg
誕生 (1954-09-27) 1954年9月27日(64歳)[1]
大韓民国の旗 韓国 忠清北道清原郡江内面(現・忠清北道清州市興徳区江内面)
職業 詩人
言語 韓国語
国籍 韓国
教育 忠北大学校忠南大学校大学院
活動期間 1985年 -
ジャンル
代表作 『葵のあなた』
デビュー作 「コドゥミ町で」
テンプレートを表示
都鍾煥
所属政党民主党→)
(新政治民主連合→)
共に民主党

在任期間 2017年6月16日 -
大統領 文在寅
テンプレートを表示
都鍾煥
各種表記
ハングル 도종환
漢字 都鍾煥
発音: ト・ジョンファン
英語表記: Do-Jonghwan
テンプレートを表示

都 鍾煥 (ト・ジョンファン、도종환、1954年9月27日 – )は、韓国詩人政治家忠清北道清原郡江内面(現・忠清北道清州(チョンジュ)市興徳区江内面)出身[1]

略歴[編集]

素朴で純粋な言葉をもって愛と悲しみを抒情的に詠う詩人である。そして、歴史的な想像力に基づいた潔白への意志を見せる詩人として注目を浴びてきた。

初めての詩集である『コドゥミ町で』(1985)は、北と南に分断された時代を生きる民衆の姿を描いている。リアルリズムの歴史的な想像力を見せていたが、『葵のあなた』(1986)においては死別した妻に対する切々たる愛情をみせてもいる。この詩集は、読者たちの大きな反響を得てベストセラーにもなった。『いまは、たとえあなたたちの傍を離れていても』(1989)、『あなたはどなたですか』(1993)などの詩集には、教師として在職している中で、全教師組合の活動で解職・投獄された時の体験を詩にしたものである。

2000年代以降、『悲しみの根っこ』(2002)、『海印へ行く道』(2006)などでは、自然に対する観照を通した人間の存在論的な省察に基づいた、新たな和解と調和の世界を模索している

2012年4月に行われた第19代総選挙において民主統合党(現・共に民主党)から比例代表候補(名簿順位16番)として立候補し、当選。国会では教育文化体育観光委員会と軍人権改善と兵役文化革新特別委員会に所属して活動している[2]

2016年4月に行われた第20代総選挙では、比例から地域区(忠清北道清州市興徳区選挙区)に鞍替え立候補して当選を果たした[3]

2017年5月30日、文在寅大統領により文化体育観光部長官に指名された[4]

受賞歴[編集]

  • 1990年:第8回 申東曄創作基金賞
  • 1997年:第7回 民族芸術賞
  • 2000年:第2回 KBS正しい言葉賞
  • 2006年:韓国文化芸術委員会文学部門今年の芸術賞
  • 2006年:現代文学部門、忠北芸術賞
  • 2006年:居昌・平和・人権文学賞
  • 2008年:第2回スミレ詩人賞
  • 2009年:第22回 鄭芝溶文学賞
  • 2010年:第5回 尹東柱賞文学大賞
  • 2011年:第13回 白石文学賞
  • 2012年:第20回 空超文学賞
  • 2014年:第1回 辛夕汀文学賞
  • 2015年:一致のための政治フォーラム第5回国会を輝かせた正しい言語賞常任委模範賞

主な作品[編集]

詩集

  • 1985年、『고두미 마을에서』(コドゥミ町で)[5]
  • 1986年、『접시꽃 당신』(葵のあなた)
  • 1988年、『내가 사랑하는 당신은』(私が愛するあなたは)
  • 1989年、『몸은 비록 떠나지만』(肉体はたとえ離れても)
  • 1989年、『지금 비록 너희 곁을 떠나지만』(いま、たとえあなたの傍を離れていても)
  • 1993年、『당신은 누구십니까』(あなたはどなたですか)
  • 1994年、『사람의 마을에 꽃이 진다』(人の町に花が散る)
  • 1998年、『부드러운 직선』(柔らかい直線)
  • 2005年、『슬픔의 뿌리』(悲しみの根っこ)
  • 2006年、『해인으로 가는 길』(海印へ行く道)
  • 2011年、『세 시에서 다섯 시 사이』(三時から五時の間)

散文集

  • 1990年、『지금은 묻어둔 그리움』(今は埋めてある懐かしさ)
  • 1994年、『그대 가슴에 뜨는 나뭇잎 배』(あなたの胸に浮かぶ木の葉船)
  • 1998年、『그때 그 도마뱀은 무슨 표정을 지었을까』(その時、トカゲはどんな表情だったのか)
  • 2000年、『모과』(かりん)
  • 2000年、『마지막 한 번을 더 용서하는 마음』(最後にもう一度赦す心)
  • 2004年、『사람은 누구나 꽃이다』(人は誰も花である)

童話

  • 2002年、『바다유리』(海のガラス)
  • 2007年、『나무야 안녕』(木よ、さよなら)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]