遠山正道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

遠山 正道(とおやま まさみち、1962年1月25日[1] - )は、日本実業家。スープ専門店「スープストックトーキョー」「トーキョールー」、ネクタイブランド「giraffe」、全く新しいコンセプトリサイクルショップ「PASS THE BATON」を展開する株式会社スマイルズの代表取締役社長。

経歴[編集]

遠山直道と美代子の次男として東京都港区青山に生まれ育つ。松濤幼稚園を経て1969年慶應義塾幼稚舎入学。1973年、10歳のとき父親が飛行機事故で死亡。1975年慶應義塾普通部入学。1978年慶應義塾高等学校入学。1981年慶應義塾大学商学部入学。1985年に同大学を卒業し三菱商事株式会社に入社、建設部で天王洲地区の開発などを担当した後、情報化推進室でIT導入の推進を、情報産業部門でITソリューションを担当。1997年、小売りの仕事を希望して日本ケンタッキーフライドチキンに出向。1999年お台場ヴィーナスフォートにスープ専門店「スープストックトーキョー」開店。2000年、38歳のとき三菱商事初の社内ベンチャー企業として株式会社スマイルズを設立、代表取締役社長に就任。かねがね牛尾治朗から「この子は人がいいから、経営者に向いてる」と言われていたことが頭にあったという[2]2005年、同会長に就任。2008年2月、MBOを行い、同社長に再任。

学生時代からイラストを描いている。

著書[編集]

  • 『スープで、いきます―商社マンがSoup Stock Tokyoを作る―』(新潮社2006年)『成功することを決めた―商社マンがスープで広げた共感ビジネス』(新潮文庫2011年
  • 『やりたいことをやるというビジネスモデル PASS THE BATONの軌跡』弘文堂 2013

共著等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.229
  2. ^ 講談社MOOK[セオリー]vol.4『学歴社会の楽しみ方』p.27(2006年)のインタビューでの発言。

外部リンク[編集]