駒崎弘樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こまざき ひろき
駒崎 弘樹
生誕 (1979-09-18) 1979年9月18日(41歳)
日本の旗 東京都江東区
出身校慶應義塾大学総合政策学部
職業NPO法人フローレンス代表理事
NPO法人新公益連盟代表理事
財団法人日本病児保育協会理事長
全国小規模保育協議会理事長
配偶者駒崎美紀(東京都北区議会議員)

駒崎 弘樹(こまざき ひろき、1979年9月18日 - )は、日本社会起業家NPO法人フローレンス代表理事、厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員会座長、内閣府 「子ども・子育て会議」 委員他を務める。

略歴[編集]

活動[編集]

メディア出演[編集]

  • 2012年3月10日 J-WAVETALKING ABOUT OUR FUTURE[7]
  • 2012年10月29日 NHK Eテレ『未来へのアクション、ファイル6 “子育て”で社会を変える』[8]
  • 2012年10月30日 NHK Eテレ『未来へのアクション、ファイル7 “休眠口座”で社会を変える?』[9]
  • 2013年2月5日 NHK総合『フローレンスの「訪問駆けつけ型」「共済型」の病児保育の紹介』[10]
  • 2013年4月-9月 J-WAVEJam the WORLD』。
  • 2015年4月 NHKラジオマイあさラジオ』。
  • 2015年5月 TOKYOMXモーニングCROSS』。

政治姿勢[編集]

家族[編集]

2019年東京都北区議会議員選挙にあたらしい党公認で立候補し当選した駒崎美紀[14](同年12月離党、無所属[13])が配偶者、子2人[15]

著書[編集]

単著
  • 『「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方』英治出版、2007年。ISBN 978-4862760180
  • 『働き方革命 - あなたが今日から日本を変える方法』筑摩書房、2009年。ISBN 978-4480064868
  • 『「社会を変える」お金の使い方』英治出版、2010年。ISBN 978-4862760821
  • 『社会を変えたい人のためのソーシャルビジネス入門』PHP研究所、2015年。ISBN 978-4569824086
共著
翻訳

発言[編集]

・「親子断絶防止法案」という、ガチで頭おかしい法案が、この臨時国会で提出されようとしています。簡単に言うと、DV受けた母親が子どもを連れて逃げたら「連れ去り」であるとして、これを防止しよう、という趣旨。これが通ったら、DV被害者は永久に救済されません。[16][16]

脚注[編集]

  1. ^ 病児保育のNPO法人フローレンス代表 駒崎弘樹のblog
  2. ^ 駒崎弘樹 (2011). 「社会を変える」を仕事にする. 筑摩書房. p. 42-50. ISBN 978-4-480-42888-2 
  3. ^ 第135回 特定非営利活動法人フローレンス 代表理事 駒崎弘樹 ドリームゲート
  4. ^ 「僕らがセーフティーネット・クリエイターになるんだ」日本経済新聞
  5. ^ Entrepreneurs~ 起業家紹介 ~ 社会起業塾イニシアティブ
  6. ^ 講師紹介-駒崎 弘樹 未来政治塾
  7. ^ TALKING ABOUT OUR FUTURE
  8. ^ NHK福祉ポータル ハートネット:2012年10月29日の放送に出演
  9. ^ NHK福祉ポータル ハートネット:2012年10月30日の放送に出演
  10. ^ 認定NPO法人フローレンス メディア掲載・講演情報
  11. ^ 秋山訓子「「民」「政」「官」のつながりが実現させた小規模保育」『世界』2013年4月、 328-335頁。
  12. ^ “Japan's Change Generation letter from Tokyo”. FOREIGN AFFIRS. (2014年5月1日) 
    Japan's change Generation
  13. ^ a b あたらしい党を卒業します | こまざき美紀 オフィシャルサイト
  14. ^ 【御礼】妻が北区議会議員選挙において、トップ当選いたしました
  15. ^ 「NPOやりたいっす!」な君のために”. 読売新聞 (2012年12月13日). 2013年5月14日閲覧。
  16. ^ ガチで頭おかしい法案”. twitter. 2016年10月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]