駒崎弘樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こまざき ひろき
駒崎 弘樹
駒崎弘樹.png
生誕 1979年9月18日(36歳)
日本の旗 東京都江東区
出身校 慶應義塾大学総合政策学部
職業 NPO法人フローレンス代表理事
財団法人日本病児保育協会理事長
全国小規模保育協議会理事長

駒崎 弘樹(こまざき ひろき、1979年9月18日 - )は、日本の社会起業家病児保育、小規模保育、障害児保育に関するNPO法人フローレンス代表理事。

概要[編集]

東京都江東区出身。私立市川中学校・高等学校慶應義塾大学SFC卒業。高校在学中にアメリカワシントン州に1年間留学[1]。 病児保育を行うためにフローレンスを立ち上げる。子供の看病のために会社を休み、解雇される女性がいることに衝撃を覚えたという[2]。2012年12月7日、フローレンスは認定NPO法人を取得した[3]

2014年7月20日 、東京創価青年大会に参加し、ドミニカ共和国エクトル・ドミンゲス駐日大使、在日本大韓民国青年会の会長、日本原水爆被害者団体協議会事務局長、自殺対策支援センター ライフリンク清水康之代表と共に来賓として、エールを送った。大会への参加は初めてだという[4]

人物[編集]

家族は、妻と子ども2人[5]中道左派を自称している[6]

民主党参議院議員松井孝治は、「このひとは将来の日本のパブリック(公)を変える」と賞賛した[7]フォーリン・アフェアーズで、日本の変化を象徴する、右翼に反撃する、ヘイトスピーチを相殺することができる、代表的な若い世代として紹介された [8]

著書[編集]

単著
共著
翻訳

メディア出演・講演[編集]

  • 2008年11月15日、 民主党京都府総支部連合会主催の政治スクールにて講演[9]
  • 2011年3月1日、「新しい公共」推進シンポジウム[主催者:鳩山由紀夫元総理(新しい公共推進本部本部長)、仙谷由人民主党前衆議院議員(推進本部本部長代理)、平野博文民主党前衆議院議員(推進本部本部長代理)]に参加し[10]、預金者の権利を保護しながら休眠口座マイクロファイナンスに活用し、貧困解消や被災地支援に繋げていくプランについてプレゼン[11]
  • 2011年9月26日、民主党衆議院議員辻元清美主催のトークライブ「助けあおうジャパン!~3・11後の日本を元気にするために」にゲスト出演[12]
  • 2012年3月10日、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル後藤正文がナビゲーターを務める、J-WAVE「TALKING ABOUT OUR FUTURE」[13]
  • 2012年4月、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル後藤正文が自腹で発行する新聞「The Future Times」にて特集[14]
  • 2012年10月29日、NHK Eテレ『未来へのアクション File6 “子育て”で社会を変える』[15]
  • 2012年10月30日、NHK Eテレ『未来へのアクション File7 “休眠口座”で社会を変える?』[16]
  • 2012年11月3日、特定非営利活動法人「全国小規模保育協議会」設立記念フォーラムにてディスカッションに参加[17]
  • 2013年2月5日、NHK総合『フローレンスの「訪問駆けつけ型」「共済型」の病児保育の紹介』[18]
  • 2013年4月-9月、J-WAVEJam the WORLD』パーソナリティ
  • 2015年4月-、NHKラジオマイあさラジオ』ゲスト出演中
  • 2015年5月-、TOKYOMXモーニングCROSS』ゲスト出演中

脚注[編集]

  1. ^ 駒崎弘樹 (2011). 「社会を変える」を仕事にする. 筑摩書房. p. 42-50. ISBN 978-4-480-42888-2. 
  2. ^ 駒崎弘樹 (2011). 「社会を変える」を仕事にする. 筑摩書房. p. 87-90. ISBN 978-4-480-42888-2. 
  3. ^ フローレンスは『認定NPO法人』を取得しました!ご寄付が「税額控除」の対象に!” (2012年12月7日). 2013年5月14日閲覧。
  4. ^ 聖教新聞2014年7月22日 総東京が4万人の青年大会 池田大作名誉会長がメッセージ 両国国技館で青春の乱舞
  5. ^ 「NPOやりたいっす!」な君のために”. 読売新聞 (2012年12月13日). 2013年5月14日閲覧。
  6. ^ 極右政治家!?噂の稲田朋美さんと対談してみました --- 駒崎 弘樹アゴラ 8月11日
  7. ^ 秋山訓子「「民」「政」「官」のつながりが実現させた小規模保育」、『世界』2013年4月、 328-335頁。
  8. ^ “Japan's Change Generation letter from Tokyo”. FOREIGN AFFIRS. (2014年5月1日) 
    Japan's change Generation
  9. ^ 民主党京都府総支部連合会ホームページ
  10. ^ 病児保育のNPO法人フローレンス代表 駒崎弘樹のblog(2011年2月27日)
  11. ^ Twitter 駒崎弘樹:Hiroki Komazaki
  12. ^ 病児保育のNPO法人フローレンス代表 駒崎弘樹のblog(2011年9月26日)
  13. ^ TALKING ABOUT OUR FUTURE
  14. ^ 変革と未来-前編- 駒崎弘樹 TheFutureTimes
  15. ^ NHK福祉ポータル ハートネット:2012年10月29日の放送
  16. ^ NHK福祉ポータル ハートネット:2012年10月30日の放送
  17. ^ NPO法人 ピッピ・親子サポートネット
  18. ^ 認定NPO法人フローレンス メディア掲載・講演情報

外部リンク[編集]