遠山直道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
遠山 直道 Football pictogram.svg
名前
カタカナ トオヤマ ナオミチ
ラテン文字 TOYAMA Naomichi
基本情報
生年月日 1925年12月3日
大日本帝国の旗 大日本帝国, 東京府
没年月日 (1973-03-05) 1973年3月5日(満47歳没)
フランスの旗 フランス, ナント
選手情報
ポジション FW
ユース
府立高校
1944-1948 東京帝国大学 / 東京大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1946 東大LB
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

遠山 直道(とおやま なおみち、1925年12月3日 - 1973年3月5日)は、東京府出身の実業家、サッカー選手。ダヴィッド社社長、日興證券(現:SMBC日興証券)副社長、日本出版クラブ評議員を歴任した。

人物・経歴[編集]

日興證券創業者の遠山元一の三男。旧制府立高校時代よりサッカー選手としてプレーし、1944年東京帝国大学経済学部に入学した[1]。なお、入学当初は太平洋戦争中でサッカーを禁止されていた時期であり、ア式蹴球部(サッカー部)の活動は出来ない有様であったが、戦後ア式蹴球部を復活させて主将も務めた。なお、遠山は兵役は免れたとされる[1]。1946年5月に開催された復興第1回全日本サッカー選手権大会東大LBの一員として優勝した。

1948年に大学を卒業し、同年ダヴィッド社を創立し、社長に就任。1954年11月、日興證券に入社して取締役秘書役。同年、新東宝映画『美しい人』(三好十郎原作)を製作。1955年12月、日興證券債権部付となった。その後、常務および専務を経て、1966年に日興証券の副社長に就任。将来は日興証券の社長に就くと目されていた[2]。また、1965年度に日本青年会議所の会頭(任期1年)を務めた。

1973年3月5日、マヨルカ島からロンドンに向かうためにイベリア航空504便(DC-9-30、機体記号EC-BII)に搭乗中にフランスナント上空で衝突事故英語版に遭遇して事故死した[2]

1974年、ダヴィッド社から追悼本『遠山直道』(遠山直道追想録刊行会編)が刊行された。

家族[編集]

妻の美代子は中央信託銀行会長日本銀行第24代大阪支店長を務めた白根清香の三女、音楽評論家遠山一行が長兄、指揮者遠山信二が次兄に当たる。また、3人の子がおり、長男は慶應義塾大学准教授の遠山元道、次男は実業家遠山正道である。

脚注[編集]

  1. ^ a b 東大サッカー部誌第三号 (PDF) 」p.91-92、1974年、2014年9月30日閲覧
  2. ^ a b 毎日新聞夕刊、1973年3月6日、2016年6月17日閲覧

関連項目[編集]