道川満彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

道川 満彦(みちかわ みつひこ、1954年11月30日 - 2007年5月31日)は、島根県益田市出身の元騎手・元調教師

1989年から1993年にかけてマレーシアシンガポール競馬で活躍するなど、日本国外で活躍する日本人騎手のパイオニア的存在として知られる。

来歴[編集]

祖父が益田競馬場の調教師、伯父・藤原秋義が同じく益田の騎手という競馬一家に生まれた。体が小柄であったこともあり、騎手を目指すのは自然の流れであった。中学卒業後の1969年、益田の騎手を引退した伯父の秋義が厩務員をしていた関係で、京都・加藤清一厩舎に弟子入り。当時の調教助手で、後に調教師となる松田正弘が指導にあたり、礼儀作法や社会常識などを教えられた。同期生には武田作十郎厩舎の内弟子で河内洋がいた。

1970年10月、道川と河内は2人で馬事公苑騎手課程を受験するが共に不合格。河内は1971年も挑戦するため武田作厩舎に残ったが、道川は両親の強い希望で益田に帰った。1974年[1]中央の厩務員から益田で調教師となった秋義の下でデビューし、3年目の1976年には74勝を挙げてリーディング争いに加わり、以後は益田を代表する騎手として知られるようになった。しかし地方の弱小競馬場ゆえに賞金水準が低いことから、年収は400万円前後にとどまり、妻が共働きしなければ生活が成り立たない状況にあった。益田のレベルで満足できなかったが、中央へ移籍するのは到底無理だと感じていた道川は、日本国外への移籍を視野に入れるようになる。

1976年にシンガポール、1981年には香港ハッピーバレー競馬場を訪問。ハッピーバレーで朝一番の調教を見た際、偶然そばにいた調教師に声をかけ、英語ができない道川は、身ぶり手ぶりで騎手として受け入れてほしいと懇願。すると「騎手免許を発行する団体から無制裁証明書(クリアランス)を出してもらえれば、受け入れてもいい」という返事が返ってきたため、喜び勇んで帰国するが、益田の主催者も騎手免許を発効する地全協も、その書類の存在すら知らず、話は噛み合わなかった。益田で道川を応援しようという調教師は現れず、道川の行動は自己中心的なわがままだと厳しく断罪された。それでも道川は諦めずに海外訪問を続けたほか、英語塾の講師をする友人を頼って、「自分を騎手として受け入れてほしい」という英文レターを作成、世界各地の主催者や調教師に送り続けた。また当時所属していた高橋勇調教師や地全協に働きかけ、1988年に「他地区の地方競馬への移籍はしない」ことを条件に、移籍に必要な無制裁証明書を手にすることに成功。何度も手紙を繰り返し送ったマレーシアのK・L・チョン調教師から「専属騎手として受け入れる」と返事が届くと、1988年12月27日にマレーシアへ向かい、1989年1月2日に初騎乗。デビュー戦で2着に来ると、翌3日も2着2回、翌週の7戦目も2着入線であったが、1位入線馬の降着による繰り上がりで初勝利を挙げる。この初勝利をきっかけにコンスタントに勝利を重ね、あっという間に1月終了時点でリーディングトップに立ち、移籍して僅か1ヶ月でテン・ゴールドカップを勝って重賞初制覇。益田時代の年収300万円を1ヶ月で稼ぐ勢いであった。

当時のマレーシア・シンガポールの競馬は、前半はスローで淡々と流れ、ペースのあがる後半で勝負が決まる欧州式であった。ここに道川は欧州式の中に益田の競馬を持ち込む。抜群のスタートを切って先頭に立つと、レースの主導権を握る。後続馬は前半に脚をタメるため、マイペースでレースを運んだ道川の馬は直線でも止まらず、そのまま逃げ切ってしまうというレースがいくつも続いた。現地のファンは発馬の鮮やかさを「カミカゼスタート」と呼び、道川が本馬場に入場する際には大歓声で迎えた。その模様は日本にも伝えられ、3月26日NHKサンデースポーツ」のワールドスポーツコーナー、8月21日にはテレビ朝日ニュースステーション」のコーナー「地球日本人」で密着取材が放映された。同年5月には同じ島根県人という関係もあってか、シンガポールを訪問していた竹下登首相(当時)が激励を訪れ、道川に「ここでは、私よりもあなたの方が有名ですね」と言葉をかけた。7月にはマレーシア・シンガポール競馬を統括するマラヤ競馬協会から外国人騎手として史上初のフリー免許を発行され、マレーシアから賞金の高いシンガポールに拠点を移す。スイスの高級腕時計メーカー「コンコルド」の現地テレビのCMにも出演するほどであり、文字どおりスタージョッキーへとのしあがった。途中で日本の免許更新で2ヶ月ほどのブランクがありながら、年末までリーディングの中心にいた。秋にはシェリフズスター第9回ジャパンカップに参戦する依頼もあったが、直前に故障したため叶わなかった。リーディングではケネス・キスナー(カナダの旗 カナダ)と12月31日まで勝利数が並ぶ大接戦となり、二人が直接対決で勝った方がリーディングという大一番で、二人は後続を大きく離す一騎討ちを展開。4コーナーを過ぎてスキナーを突き放すと、益田時代を含めて生涯初のリーディングジョッキーを獲得。1990年もリーディング争いを続け、9月には同期の河内とマレーシアの「国際騎手招待競走」で対戦。週刊プレイボーイ武豊と対談もした。

 何もかも順風満帆かに見えた道川であったが、突然の災難が日本国内で起こる。9月26日付の東京スポーツが、一面見出しで「発覚 八百長 競馬疑惑」と大々的に報じる。紙面には「地元○暴と黒い噂 国外追放へ」「目立つクサいレース」「日本復帰絶望」と、道川をまるで犯罪者扱いするような文字が紙面上に躍り、シンガポール競馬場トップの「ミチカワの身辺に黒いシンジケートの噂がある」というコメントも引用した。しかし、実際にはこの記事はまったくの事実無根であった。元々は道川と些細なことで不仲になった日本人馬主が、悪口を現地で触れて回ったことにあり、この中に八百長を持ちかけられたというのがあった。その噂を競馬記者の加賀谷修[2]が聞き付け、「サム・オカヤ」のペンネームで東京スポーツにネタを売り込んだ。情報提供の見返りとして東京スポーツから支払われたのはたったの8万円であった。加賀谷が指摘したのは1989年5月7日の第7競走であったが、黒い疑惑とされたレースで道川は逃げ切り勝ちを収めていた。急遽、道川は日本に帰国。東京スポーツを相手取り名誉毀損による損害賠償を求める訴訟を起こし、競馬場トップの発言が捏造だとということが明らかにされ、公判中に東京スポーツはシンガポールに謝罪文を送付。当然、道川の八百長の事実は否定され、1992年9月30日東京地方裁判所全面勝訴の判決を下し、東京スポーツに350万円の賠償金と謝罪文の掲載を命じた。東京スポーツは控訴せず、裁判は結審した。しかし、このような記事が掲載されたことによる本人の精神的ダメージは計り知れないものがあった。地元の益田では記事の内容を否定しても誰も信じてもらえず、道川は「妻子には辛い思いをさせてしまった」と嘆いた。1990年は記事が出てから年末まで4勝しか挙げられず、リーディング争いから大きく後退。1991年1月にはアメリカサンタアニタ競馬場に1ヶ月滞在したが、騎乗馬が集まらずレースに1度騎乗しただけで終わった。そんな中、1992年にはシンガポールのクイーンエリザベス2世カップでサザンダンサーに騎乗して優勝。レースの1ヶ月前から馬主に「今の状態を維持できれば勝てます」と言い続け、レース当日の朝には「祝勝会のホテルの会場を予約しておいてください」と電話。有言実行の勝利であった。この年には前年に横山賀一が史上初めて馬事公苑・競馬学校を経ずにJRAの騎手試験に合格したのを受けて、JRAの騎手試験を受験する。この時の道川をテレビ東京スポーツTODAY」が密着し、1992年11月26日に特集で放映された。1993年1994年まで計3回挑戦するが、結果はいずれも不合格であり、中央競馬の騎手として凱旋するという道川の夢は叶わなかった。

1994年には本拠地のシンガポールで免許更新ができなかったため、ニュージーランドに移籍。ニュージーランドのオフシーズンである1994年6月、地全協から地方競馬では初の事例となる短期騎手免許を交付され[1]、6月から8月までの2ヶ月間高知競馬場で騎乗[1]。マレーシアでも騎乗したが、ニュージーランドでも騎乗馬が集まらなかったことから引退を決意。調教師への転身を図るべく、1995年から各国のジョッキークラブに打診していたところ、マカオのジョッキークラブが受け入れを正式に受諾。デビット・トンプソン調教師(イギリスの旗 イギリス)の下で8馬房が与えられ、アシスタントトレーナーとして実質的には調教師と同じ職務をこなし、1年間のキャリアを積んでから調教師になることが決まった。ジャパンカップ終了後の11月末に騎手時代と同じく単身でマカオに向かい、永住する覚悟もあった。滞在中は日本から交流競走に騎乗しに来た菅原勲岩手)、安藤勝己(当時笠松)の通訳を務めた。  しかし、1996年5月末に管理馬が思うように集まらないなどの事情から、免許を返上し、厩舎を解散。その後は騎手を引退していたことで60kg近くまで増えていた体重を3ヶ月で体を絞り、同年9月にインドハイデラバードで騎手に復帰。ただし、54.5kgの騎乗が限界で、53kgの馬に54.5kgで乗ったことが3度ほどもあった。ハイデラバードでは2ヶ月の騎乗で36戦7勝の成績を挙げ、現地の英字新聞でも取り上げられた。賞金はミカン箱くらいの大きさの箱に紙幣が溢れるくらいであったが、帰国時に台車に乗せ、香港銀行アメリカドルに変えたところ、日本へ帰る飛行機代にならず道川は唖然とした。その後は騎乗先が決まらず、受け入れ先を探すため、世界各地の競馬場や主催者に書類を送っていた。その一環として、ドイツでは自分の広告をレーシングプログラムに掲載した。しかし、ヨーロッパ遠征は叶わず、結局はアラブ首長国連邦ドバイで開業するシンガポール人調教師を頼り、1997年ナドアルシバ競馬場で騎乗を開始。11月6日第2競走の一般戦(ダート1200m)で、インド人が所有しシンガポール人調教師が管理するタレンティッドナイトに騎乗。新天地で初騎乗初勝利を記録し、道川にとってはこれが10ヶ国目の騎乗で、アメリカを除く9ヶ国で勝利を挙げた[3]。しかし、これが道川にとって生涯最後の勝利であった。

 アブダビではムハンマド殿下の馬にも騎乗したが、12月14日のアブダビ第3競走でタレンティッドナイトに騎乗し、5頭立ての5着になったのを最後に騎手を引退。その後は故郷の益田に戻ったものの、シンガポールで調教助手などといった形で引き続き競馬に関わる仕事に就こうとしていたほか、51歳になった2005年にはフィリピンで騎手復帰しようとしていたが、結局その希望はかなわないまま2007年5月2日に自宅で吐血。白血病のため、益田市の病院で死去。享年52歳。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「トピックス『道川騎手に短期騎手免許』」『ハロン』、地方競馬全国協会、1994年8月、 64頁。
  2. ^ 皮肉にも、河内のマレーシア遠征に取材で同行していた。
  3. ^ 週刊競馬ブック」1997年11月24日号

参考資料[編集]

外部リンク[編集]