讃岐建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

讃岐 建(さぬき けん、1959年7月1日 - )は、日本行政管理総務)・総務官僚

来歴[編集]

1984年3月、東京大学法学部卒業[1]国家公務員上級甲種試験(行政)を受け[2]行政管理庁に入庁。1991年7月、総務庁行政監察局企画調整課長補佐。1994年4月、外務省在連合王国日本国大使館一等書記官1997年5月、総務庁行政監察局副監察官。同年7月、行政管理局副監理官。1998年7月、行政監察局企画調整課企画官。2001年1月、総務省行政評価局総務課企画官。同年7月、行政評価局評価監視官。2004年4月、行政管理局管理官。2005年8月、内閣官房内閣参事官内閣官房副長官補付)、内閣官房行政改革推進事務局行政改革推進調整室参事官(~2006年4月)。2006年4月、総務省大臣官房付、内閣官房内閣参事官(内閣官房副長官補付)(~2007年7月)、内閣官房行政改革推進事務局行政改革推進調整室参事官(~2006年6月)。同年6月、内閣官房行政改革推進室参事官(~2007年7月)、内閣官房行政改革推進本部事務局参事官(~2007年7月)。2007年7月、総務省大臣官房政策評価広報課長。2008年7月、行政評価局行政相談課長。2009年7月、行政評価局総務課長。2011年7月、内閣府公益認定委員会事務局次長、内閣府大臣官房公益法人行政担当室次長(~2013年6月)、内閣府行政刷新会議事務局(~2012年12月)。2012年1月、内閣官房内閣参事官(内閣官房副長官補付)(~2012年12月)、内閣官房行政改革実行本部事務局参事官(~2012年12月)。2013年1月、内閣府大臣官房行政改革関係組織検討準備室次長(~2013年6月)。同年6月、総務省大臣官房審議官(行政管理局担当)、財務省大臣官房審議官(大臣官房担当)(~2016年6月)。2015年1月、総務省大臣官房審議官(行政評価局担当)、総務省行政評価局年金記録確認中央第三者委員会事務室長(〜2015年6月)。2016年6月、行政評価局長[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]