諏訪神社 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
諏訪神社
Osaka Joutou Suwa shrine.jpg
所在地 大阪府大阪市城東区諏訪二丁目15-16
位置 北緯34度41分2.4秒
東経135度33分48秒
座標: 北緯34度41分2.4秒 東経135度33分48秒
主祭神 建御名方刀美命
八坂刀売之命
創建 不明
テンプレートを表示

諏訪神社(すわじんじゃ)は、大阪府大阪市城東区にある神社である。

祭神[編集]

長野県にある諏訪大社分社である。

由緒[編集]

創建の年代は不明。境内にある石灯籠承和3年(836年)4月寄進と刻まれているので、平安時代前期にはあったとされる。菅原道真大宰府左遷される道中で当神社に参拝したと伝わる。

獅子舞[編集]

天正18年(1590年)、小田原攻めの時、豊臣秀吉大坂城天守閣から外を眺めた際、森の様に木が生い茂っていた当神社が目に留まり、参拝した所、戦に勝利したという逸話がある[1]。その際、秀吉は神社の霊験を得たとして、雄と雌の一対の獅子を奉納したとされる[1][2]。雄獅子は明治18年(1885年)の大水害で流失したが、雌獅子とそのレプリカが現存している[1]。同神社の獅子舞は奉納後に始まったとされるが、前述の水害で資料が流失してしまった為不明[2]昭和に入り、戦争の為一時途絶えたが、獅子地車保存会により1968年に復活[1]。毎年秋祭りに行われている[1][2]

2003年、大阪市の無形民俗文化財に指定[2][3]

摂末社[編集]

  • 摂社 大國神社
  • 末社 談山神社、春宮神社、天満宮(腰掛天満宮)、玉長社、招魂社

祭礼[編集]

夏と秋に開催。だんじりの曳行が行われる[4]2007年には地車購入50周年を迎え、記念祭が開催された[5]

秋祭りには獅子舞が行われている。

交通アクセス[編集]

鉄道[編集]

JR西日本 学研都市線おおさか東線 放出駅から南へ500m

バス[編集]

大阪市営バス 諏訪神社前 停留所すぐ。古くから市バスの終着点として利用されている。かつては大阪市立総合医療センターへ向かう系統も存在していたほか、近鉄バス布施駅蒲生四丁目間の路線を走られていた。

諏訪神社前

  • 22号系統:地下鉄深江橋・玉造・鶴橋駅前・上本町六丁目・天王寺区民センター・天王寺区役所・寺田町経由 あべの橋行き

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e なにわ夢めぐり 諏訪神社の獅子舞 「小田原攻め」の戦勝 勇壮に.『読売新聞(大阪)』.2015年2月15日付朝刊、22面
  2. ^ a b c d 大阪市イベント・観光 諏訪神社の獅子舞”. 大阪市ホームページ. 2015年5月17日閲覧。
  3. ^ 往年の名車両に光 保存館の市電や地下鉄、大阪市文化財に.『朝日新聞(大阪)』.2003年12月10日付朝刊、32面
  4. ^ 祭礼日程・地図”. だんじり eo Special Edition. 2015年2月7日閲覧。
  5. ^ 鳴り響く祭りばやし 諏訪神社、地車購入50周年を祝う=大阪.『読売新聞(大阪)』.2007年5月15日付朝刊、30面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]