虞美人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
虞姫から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
京劇『覇王別姫』の虞美人

虞美人(ぐびじん、拼音:Yú Měi-rén、? - 紀元前202年?)は、末から楚漢戦争期にかけての女性。

生涯[編集]

項羽(項籍)の愛人[1]。正確な名前ははっきりしておらず、「有美人姓虞氏」(『漢書』巻31陳勝項籍傳第1[2])とも「有美人名虞」(『史記』巻7項羽本紀 第7[3])ともいわれ、「美人」も後宮での役職名(zh:中國古代後宮制度#秦朝参照)であるともその容姿を表現したものであるともいわれる。小説やテレビドラマでは項羽の妻として描かれ、虞を姓とし「虞姫」と紹介されているものが多い。

項羽との馴れ初めについては『史記』にも『漢書』にも一切記載されておらず、垓下の戦いで初めて「有美人姓虞氏 常幸從[2]」、「有美人名虞 常幸從 駿馬名騅 常騎之[3]」(劉邦率いる軍に敗れた傷心の項羽の傍にはいつも虞美人がおり、項羽は片時も彼女を放すことがなかった)と紹介されている。

劉邦軍により垓下に追い詰められ、四面楚歌の状態になって自らの破滅を悟った(思い込んだ)項羽は彼女に、

力拔山兮氣蓋世 (力は山を抜き 気は世を蓋う)
時不利兮騅不逝 (時利あらずして 騅逝かず)
騅不逝兮可奈何 (騅の逝かざる 如何すべき)
虞兮虞兮奈若何 (虞や虞や 若を如何せん)

— 垓下歌[4]垓下の歌)『史記』巻7項羽本紀 第7[3] 司馬遷、『漢書』巻31陳勝項籍傳第1[2] 班固

と歌い、垓下から脱出する。

『史記』の引く『楚漢春秋』には虞美人の返歌が載せられている。

漢兵已略地, (漢兵、已に地を略し、)
四方楚歌聲。 (四方は楚の歌聲。)
大王意氣盡, (大王の意気は盡き、)
賤妾何聊生。 (賤妾、いずくんぞ生を聊んぜん。)

『史記』および『漢書』ではその後の虞美人について一切記述されていないが、北宋に編纂された『太平寰宇記』には敗走する項羽が虞美人を殺して鍾離県に埋葬したという記録が残る[5]。通俗小説の『通俗漢楚軍談』などでは、項羽の足手まといにならぬために虞美人は自殺している。明代の『西漢演義』『両漢開国中興伝志』でも項羽が虞美人を「酒色の徒だから殺すまい」と劉邦に預けようとすると、それを拒否して自害している。 また、虞美人の自殺云々についても、女性の貞節が口うるさく言われるようになった北宋時代からそのような話が出てくるようになったといわれる。

自殺した虞美人の伝説はヒナゲシに「虞美人草」という異名がつく由来となった[6]

墓所[編集]

虞美人の墓所については複数の記述が残っている[7]

『史記』注「括地志」には、土地の古老の言い伝えによると濠州定遠県(現在の安徽省滁州市定遠県)東六十里に美人の塚があると記される。『蘇詩補註』巻五の引く『太平寰宇記』では定遠県の「南」六十里の場所にある高さ6丈の塚で、俗に「嗟虞墩(虞美人の嘆き塚の意)」と呼ばれている。『宋會要輯稿』には、泗州虹県(現在の安徽省宿州市泗県)の北境。『石湖詩集巻十二』注によると同じく虹県下馬鋪を北に三十七里の場所。『施注蘇詩』が引く「九域志」によると項羽が逃走中に迷った陰陵城(鍾離県西六十里 現在の安徽省滁州市鳳陽県)の付近に墓所を建てたとする。

上記のいずれの説も垓下安徽省蚌埠市)の北部か南部に隣接する場所にあたる。

詩歌[編集]

後世に詩の題材として取り上げられ、唐代の馮待征『虞姫怨』[8]、北宋の蘇轍『濠州七絶·虞姫墓』、張舜民『虞姫答霸王』、曾鞏『虞美人草』、清朝の何浦『虞美人草』、袁枚『過虞溝游虞姫廟』などの作品が残る。

『虞姫怨』 著:馮待征

妾本江南採蓮女,君是江東学剣人。 (妾は本より江南で蓮を採る女、君はこれ江東で剣を学ぶ人。)
逢君遊俠英雄日,値妾年華桃李春。 (君が遊侠、英雄の日に逢い、(その時)妾の年は桃李が盛んな春に値する。)
年華灼灼艶桃李,結髮簪花配君子。 (年は盛んに光り輝く艶やかな桃と李、髪を結い花をかざし君子と連れ添う。)
行逢楚漢正相持,辞家上馬従君起。 (楚漢まさに相対するに行き逢い、家を辞して馬上にて君に従う。)
歲歲年年事征戦,侍君帷幕損紅顏。 (年毎に戦いにおもむき、帷幕で君に侍って紅顔を損なう。 )
不惜羅衣沾馬汗,不辞紅粉著刀環。 (羅衣が馬の汗で濡れるを惜しまず、頬紅が刀環に付くをいとわず。 )
相期相許定関中,鳴鑾鳴佩入秦宮。 (相期し、相許し関中を定め、鑾を鳴らし佩を鳴らし秦宮に入る。)
誰誤四面楚歌起,果知五星漢道雄。 (誰があやまり四面楚歌が起き、果たして五星は漢道の雄を知る。 )
天時人事有興滅,智窮計屈心摧折。 (天時、人事に興亡あり、智は窮まり、計は心屈し、摧折す。 )
澤中馬力先戦疲,帳下蛾眉□□□。 (澤中、馬の力は先の戦で疲れ、帳下で峨眉は・・・・・・〈三文字欠落〉)
君王是日無神彩,賤妾此時容貌改。 (君王はこれ昔日の神彩なく、賎妾はこのとき容貌は改まる。 )
拔山意気都已無,渡江面目今何在。 (抜山の意気はすでに無く、渡江の面目は今いずこ。 )
終天隔地與君辞,恨似流波無息時。 (終天、隔地に君と辞し、恨み(悲しみ)は流波に似てやむこと無し。)
使妾本來不相識,豈見中途懷苦悲。 (妾に本来、識らせずして、どうして中途に苦悲を懐くが見えようか。)

虞美人を描いたフィクション[編集]

虞美人(『晩笑堂竹荘画伝』)
京劇
  • 項羽(別名「美人草」)
戯曲
ミュージカル
小説
漫画
映画
テレビドラマ
ゲーム

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中国語で妻や恋人を意味する。
  2. ^ a b c Wikisource reference 班昭. 漢書/卷031. - ウィキソース. 
  3. ^ a b c Wikisource reference 司馬遷. 史記/卷007. - ウィキソース. 
  4. ^ Wikisource reference 項羽. 垓下歌. - ウィキソース. 
  5. ^ 『太平寰宇記』128巻「虞姬塜在縣南六十里髙六丈即項羽敗殺姬葬此」
  6. ^ 『堯山堂外紀』巻二「西楚霸王籍」虞姬乃請劍自刎。虞姬葬處,生草能舞,人呼為虞美人草。
  7. ^ 『史記』の引く『括地志』云:「虞姬墓在濠州定遠縣東六十里。長老傳云項羽美人冢也。」。『蘇詩補註』巻五の引く『太平寰宇記』「在定逺縣南六十里髙六丈名勝志今俗名嗟虞墩」。『宋會要輯稿』「泗州虹縣北境虞姬墓」。『石湖詩集』巻十二 「虞姬墓〈在虹縣下馬鋪北三十七里〉」。『施注蘇詩』 (四庫全書本)/卷03 「虞姬墓〈九域志隂陵城項羽迷失道扵此盖虞姬死所〉」。
  8. ^ 『全唐詩』卷七百七十三
  9. ^ “凰稀かなめ主演ミュージカル「花・虞美人」ユナクと清水良太郎が劉邦と項羽に”. ステージナタリー. (2016年8月25日). http://natalie.mu/stage/news/199191 2016年8月25日閲覧。 

関連項目[編集]

  • 虞子期 - 虞美人の兄弟と設定された架空の人物。